―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

◆老舗町中華のワンコインラーメンに舌鼓を打つ

 この世にはワンダフルな町中華がたくさんあります。すすり子、とてもラブ。瓶ビールで流し込む脂質糖質たちがたまりません。それぞれのお店には、みんなに愛されるたまんねぇ看板メニューがあったりするわけですが、そんな愛されるお店であれば、看板メニューではないメニューだってたまんねぇのではないか? まして、ラーメンであればなおさら!

 そんな町中華へのラブと期待を込めて訪れたのが、東京都大山にある『丸鶴』さん。言わずもがな、しっとり濃いめのチャーハンで超有名な老舗町中華です。肌感では、店にいる人の9割以上がチャーハンを注文しているかと思います。名物チャーハンの誘惑を振り切り、ラーメンを注文。こちらが丸鶴さんの「ラーメン」(500円)。

 令和ではなかなか見ないワンコインラーメン。税込価格なので正真正銘のワンコインです。愛おしい…。早速いただきます。

◆「町中華で食べるラーメン」の正解

 まずはスープ。カエシがキリッとキマっています。鶏のうまみを魚介で裏打ちしたようなお味。うまみのバランスがビシッと整えられています。確実にうまい。

 この感じ、きもちいぃ〜〜〜! 名物チャーハンのパンチに負けず劣らずのパンチ力をもっています。くぅ〜しみるなぁ〜〜。通常メニューにひっそりと佇むようなタイプのお味ではないです。

 そして、麺。ぴろぴろした細麺が、もちっとした食感でたのしませてくれます。キリッとキマったスープと絡み、ずずずっとすすれば、ふるふるの口当たりがたまりません。このスープにこの麺、町中華で食べるラーメンの大正解って言いたい。ビジュアルからお味まで、完璧です。

◆お揚げとわかめがトッピング

 丼の奥にいる三角はお揚げです。このお揚げがスープをぐんぐん吸い上げてお口にイン。んんんんまっ。ビシッとキマったスープ×お揚げって確実に合っちゃう組み合わせでした。緑のカップうどんを彷彿とさせます。

 さらにこのラーメン、わかめもオンされているのでうどんみを感じるのですが、このクセトッピングたちがお店独自のラーメン感を強調していて、より愛おしさを感じるのです。

◆人気を集める名店はサブメニューにも存在感

 やはり、たくさんの人に愛される町中華では、サブメニューに落ち着いているラーメンでさえ、名物に負けない独自のうまさを備えていました。

 何食わぬ顔をしてメニューに佇み、たまに注文されると、その人の期待を鮮やかに上回り、そのおいしさでハートを鷲掴みにしてくるのです。サブメニューにまでハマってしまったらもう、その町中華へのラブはとまりません。

 ごちそうさまです!

【麺すすり子】
ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員。豚骨ベースの鹿児島ラーメンで育ち、18歳で上京してラーメンの幅広さと奥深さに取り憑かれる

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―