吉沢亮「クソ寒かったですね」主演映画の苦労明かす

吉沢亮「クソ寒かったですね」主演映画の苦労明かす

 吉沢亮(23)が3日、都内で、主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」(永江二朗監督、9月2日公開)の完成披露イベントに出席した。

 4月期のドラマ版、6月公開の劇場版第1弾を経ての完結編。借金返済ゲームに巻き込まれた高校生グループを、内田理央(25)山田裕貴(26)大倉士門(24)根本凪(18)と演じた。

 シリーズは3作まとめて撮影された。初日の撮影は今作に登場する、吉沢と山田が真冬の森で「友情かくれんぼ」に挑むシーンだったという。

 吉沢は「クソ寒かったですね」と苦笑い。「真冬なのにコオロギをでっかくしたみたいな虫がいました」と過酷な環境での撮影を振り返った。

 司会者から「森の撮影に参加されていない内田さん、聞きたいことはありますか」と聞かれた内田は、とまどいながら「森の、空気は…どうでしたか」と的外れな質問を繰り出し、山田から「それ本当に気になってるの!」と突っ込みを受けていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索