D・クレイグが騒動一転、残り2作「ボンド」続投へ

D・クレイグが騒動一転、残り2作「ボンド」続投へ

 英俳優ダニエル・クレイグ(49)が、人気スパイ映画「007」のボンド役からの降板騒動から一転、残り2作品に出演することが決まったようだ。クレイグはシリーズ第21作「007/カジノ・ロワイヤル」(06年)から6代目ボンドとして4作品に出演。しかし、前作「007 スペクター」(15年)の公開直後にボンド役から引退する意向を示し、続投は難しいと言われていた。報道によると、世界中のファンから愛され、興行も期待できるクレイグを引き留めるため、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ氏が粘り強く交渉を続け、予定通り計6作品に出演するよう説得するための話し合いが行われたという。25作目となる次回作のタイトルはすでに、「シャッターハンド」になると伝えられており、2019年11月公開を予定している。すでに脚本もほぼ完成しており、クレイグの続投が正式発表される日も近そうだ。 

 クレイグは前2作品でメガホンをとったサム・メンデス監督と撮影中に折り合いが悪くなり、前作の現場では2人の衝突があったことも伝えられており、同監督が次回作から降板したこともクレイグ続投の追い風になったとも言われている。「シャッターハンド」に続く26作目は、シリーズ第6弾「女王陛下の007」(69年)リメークになる可能性もあると伝えられており、これがクレイグにとって最後のボンド映画となる可能性が高い。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索