生駒里奈、毛利衛氏「憧れの人」発言に「ええ!?」

生駒里奈、毛利衛氏「憧れの人」発言に「ええ!?」

 乃木坂46生駒里奈(21)が9日、東京・天王洲銀河劇場で、主演舞台「モマの火星探検記」の初日公演前ゲネプロ(通し稽古)に出演し、囲み取材を行った。

 原作の小説を発表した宇宙飛行士の毛利衛氏(69)と初対面を果たし、囲み取材に同席した。毛利氏から「こうして、憧れの生駒さんと一緒にいられて」と言われると、「ええ!? びっくりました。どうしましょう」と驚いたが、毛利氏が「こういう冗談も言えるようになりました」と笑うと「びっくりを返してください!」と突っ込んだ。

 生駒は「お稽古をしている中で、宇宙飛行士の方がどれだけすごいのかというのを知りました。今日(毛利氏と)お会いして、宇宙飛行士と会える人生なんだ、私! ってびっくりしました」と目をぱちくりさせた。

 毛利氏は、宇宙飛行士とアイドルの共通点を聞かれると、「多くの人に期待され、支えられているところが似ていると思います」。生駒は「その通りですって言っていいのかと思うくらい、宇宙飛行士はすごい偉大な人なので」と恐縮していた。その上で「毛利さんが言ってたぞ、頑張ろうぜって、メンバーのみんなに伝えたいと思います」と力を込めた。

 毛利氏は、生駒の印象を聞かれ「ああ、これがいわゆるアイドルという人なんだな、ってことが分かりました。黙っていても色彩、光を発している。すごく素直だし、自分の生き方に一生懸命なので、すばらしいなと思いました」とべた褒め。生駒は「えっと、どうしましょうね…。一字一句ちゃんと覚えて帰ろうと思います」と照れ笑いした。

 生駒と主演を務める矢崎広(30)は「身近なところ、自分とつながっているところがたくさんあふれた作品だと思います。この作品は人によって引っかかるところが全部違うと思います。家族や父と子のつながりというのをより楽しんでもらえると思うし、お父さんと子どもに一緒に見にきていただいたいです」。

 東京公演は天王洲銀河劇場で13日まで。大阪公演はサンケイホールブリーゼで19日から2日間上演。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索