NHK西郷どん新キャスト、松田翔太「やりやすい」

NHK西郷どん新キャスト、松田翔太「やりやすい」

 俳優鈴木亮平(34)主演のNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)の新たな出演者発表会見が14日、都内の同局で行われた。松田翔太(32)が一橋(徳川)慶喜を、蘭方医学を学ぶ秀才と言われる福井藩士の橋本左内を風間俊介(34)、13代将軍家定の母の本寿院を泉ピン子(70)が演じるなど新キャスト20人が発表され、10人が会見に出席した。

 松田は「鈴木さんが作っている現場は、温かくて、なごやかで独特の雰囲気があって、すごくやりやすい雰囲気。今回の役はちょっと違った切り口から入っていくので、戸惑いもあるけど素直に演じられれば」と意気込みを語った。

 また、初大河の風間は「初めての大河がこの『西郷どん』で良かったとつくづく思っています。亮平君がつくる空気は、みんなを包み込むような空気。これが日本を変えていく力になっていくんだなと感じ、亮平くんなのか、西郷さんを見ているのか分からないような感じで、日々楽しく過ごしています。西郷さんが亡くなった時に、懐に左内からの手紙があったそう。2人の友情や思いを、僕らなりに、これが2人の絆だったというものが伝わればいい」と話した。

 風間は鈴木、松田とのトリオに「よくあるじゃないですか主人公がいて、力持ちの大男がいて、頭脳のある小さい者がいる物語の黄金比率みたいなものを感じて面白い」。鈴木は「そのとおりです。見たことのあるようなトリオ。デコボコトリオで動いています」。松田は「よくセリフの合間に2人を見ると目を合わせてうなずいたりしている。かわいらしい2人に囲まれて幸せです」と語った。

 ピン子は86年「いのち」以来の大河出演。大奥のドンと言われる役。「私、農村、漁村はよくやってますが(撮影前は)江戸城はややこしくして眠れませんでした」。また「セットは私のやっていた時代と違って金がかかっている。昔は天井がなかった」などと語った。

 他に会見には桂小五郎を演じる玉山鉄二のほか、秋山菜津子、里アンナ、斎藤嘉樹、石橋蓮司、内田有紀、町田啓太が出席した。

 松田が西郷吉之助(隆盛)を演じる鈴木の印象を「優しくてみんなに気を使ってくれる」と語り、風間も「みんなが疲れている時、吉之助スマイルがみんなを和ませている」と話すと、会見に出席したほぼ全員が鈴木の吉之助スマイルを絶賛。ほっとしたり、優しい空気をつくっていると語った。鈴木は恐縮しながら「本当は、そんなにできた人間じゃないけど、そうなっていかないといけないと潜在的要請みたいなものを感じています」と笑った。

 会見には出席しなかったが、津田寛治、柄本明、高橋努、近藤春菜、谷田歩、近藤芳正、木内みどり、大島蓉子、国広富之、遠藤憲一も出演する。近藤春菜は大河初出演。鈴木が演じる西郷が京都で出会う旅籠(はたご)の仲居の虎を演じる。近藤は「いままで『西郷どんじゃねーよ』と言わせていただいたことあるので、『西郷どん』にはシンパシーを感じていました。出させていただけること、本当に幸せです。みなさまから愛されるお虎になりますように頑張ります」と喜びのコメントを寄せた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索