有働アナ「NHK辞めてから1段、声が低くなった」

有働アナ「NHK辞めてから1段、声が低くなった」

 元NHKの有働由美子アナウンサー(49)が15日、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月〜金曜午後1時)に生出演した。有働アナの民放ラジオの出演は、27年間勤めたNHKを3月31日付で退局後、初めて。

 有働アナは、NHK退局後に「もう1ランク、声が低くなった」と自らの体に変化があったことを明かした。また「大竹まことゴールデンラジオ!」の自由度の高さなど、公共放送NHKと民放の違いに驚きを感じていることも吐露した。

 有働アナは、「声が年々…辞めてから、もう1ランク、声が低くなった。ドスが効いた人生になってきますね」と語った。親交が深い番組金曜パートナーの室井佑月(48)から「(10月から日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』で)ニュースをやるんだとしたら、人が死んだ原稿とか読まなきゃいけない時、私みたいなキンキン声よりいいんじゃない」と返されると「ちょっと、やってみてもらっていいですか?」と1度はリクエストした。ただ、その直後、有働アナは「ええっ…やっぱり、いい。今、不謹慎で、ドキドキしました。こんなの絶対、NHKじゃダメです」とリクエストを撤回した。

 文化放送の太田英明アナウンサーから「ほとんど大丈夫ですよ、この番組。大竹さんなんか、セクハラ発言だらけですから」と言われると、有働アナは「本当に何でもありなんですね。これは、大竹さんのラジオだから、何でもありなんですか? 文化放送産自体が、何でもありなんですか?」と質問。腰痛で自宅から電話で出演したパーソナリティーの大竹まこと(69)をはじめ、出演者が他局の番組のことも平気でしゃべることに対しても、番組の中で素朴な疑問を呈していた。太田アナが「他の局に比べたら自由度が高いかもしれない。今後も」と返すと「はい」と、今後の出演に前向きな姿勢を見せた。

 また有働アナは、番組の中通販のコーナーで商品名を読んでいることに対し「商標を言っていること自体、あっ、いいんだ、民放…まだ所作も分からないし」と、驚きを感じたと素直な感想も口にした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索