宮司愛海アナ、日航機墜落事故を通じて感じたこと

宮司愛海アナ、日航機墜落事故を通じて感じたこと

 フジテレビ宮司愛海アナウンサー(27)が、1985年の日航ジャンボ機墜落事故で亡くなった520人の犠牲者を追悼した。

 事故から33年の12日、宮司アナは「忘れもしない日。」のタイトルでブログを更新。「3年前のこの日。入社1年目だった私は、初めてめざましテレビで中継を担当しました」と書き出した。

 事故を知らない世代である宮司アナは、その日に墜落現場である群馬県上野村の「御巣鷹山の尾根」から中継を行ったが、「その時はじめて、アナウンサーとして『死』『事故』に向き合い、自分がことばに出来ることの少なさに絶望しました。どういうことばを発していいかすらわからなかった。この先ことばを生業にしていくはずなのに、こんな自分が人と向き合っていけるのかと思ったことを覚えています」と当時の思いを振り返り、「いまでもその気持ちは薄れないけれど、仕事を通して『人の痛み』と向き合うこと、そしてそれに敏感であることを学ぶ日々です」とつづった。

 宮司アナは「どんなにつらくても、逃げ出したいと思っても、この一日、一瞬は、誰かが懸命に生きたかった時間かもしれない」と思いをはせ、「そう思って、毎日生きていきたいですね。今日は、事故から33年目の日。亡くなられた方々に、心より哀悼の意を表します」と悼んだ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索