指原莉乃「自分責め…心配」抜本的な安全対策求める

指原莉乃「自分責め…心配」抜本的な安全対策求める

NGT48山口真帆(23)が昨年12月、新潟市内の自宅へ男2人に押しかけられて暴行された事件で、HKT48指原莉乃(26)ら現役メンバーが11日、ツイッターで抜本的な安全対策を求める声を上げた。アイドル界のご意見番の主張で、事態が大きく進展する可能性もありそうだ。NGT48は今日12日、新潟市内で劇場オープン3周年イベントを行うが、山口は欠席する。

指原の心の声は、どこまでも山口に寄り添ったものだった。10日に新潟・NGT48劇場で行われた公演に一部出演した山口は、被害者にもかかわらず「お騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした」などと謝罪した。これについて指原は「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」と前置きし、「本人発信だとしてもこうなってしまったことを謝らなきゃ! と思って自分を責めているんじゃないかと心配です」と、山口の気持ちをおもんぱかった。

公演後には、運営会社のAKSが公式サイトで、メンバーへの防犯ベル支給、自宅巡回などの再発防止策を発表した。具体的な対策ではあったが、指原は「防犯ベル、わたしは怖くて震えて、取り出すことさえできないと思う」と、効果に疑問符を付けた。

自分の身は、自分で守るしかない。なのに、メンバー個人個人ができることは、あまりにも少ない。指原は「メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思うしそれが気持ち的に絶対に正解」とメンバーの気持ちを代弁。一方で、「運営はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思ってるスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい」と強く苦言を呈した。

「ワイドナショー」などに出演し、グループのご意見番的な立場でもある指原が、メンバーの先頭に立って声を上げた事実は大きい。ツイッターのフォロワーも230万人を超え、48グループのみならず、芸能界を超える波及力がある。「きっと強く言いたいメンバーも多いです。でも言いたいことも言えないと思うので、声の大きいわたしが言ってみました」。何かを変えることを願って、大きな声を上げた。

◆事件概要 新潟県警などによると、山口は昨年12月8日午後9時ごろ、新潟市の自宅マンションの玄関前で、男2人に待ち伏せられ、口をふさがれそうになった。2人は山口が呼んだスタッフの通報を受けて駆け付けた警察官に暴行容疑で逮捕(その後不起訴)された。山口は1カ月後の今月8日、動画配信サービスSHOWROOMやツイッターで事件を告白。「殺されたらどうするんだろう」と、運営スタッフの対応の遅さを批判した。10日には運営が、メンバーが山口の帰宅時間を教えていた事実を明かした。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索