深野が信楽を去り喜美子は…「スカーレット」第9週

深野が信楽を去り喜美子は…「スカーレット」第9週

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の第9週(25〜30日)のあらすじを紹介します。

喜美子(戸田恵梨香)は、八郎(松下洸平)が持っていたという深野心仙(イッセー尾形)の絵を想像して描いてみます。2人の距離も少しずつ近づいていきます。

一方、丸熊陶業の社長が急死し、照子(大島優子)の夫が若社長となることに。絵付け火鉢の生産は縮小される可能性が高まり、深野は信楽を去る決意を固めます。

ある日、喜美子は、深野が信楽を去ったのちに、自らより若い弟子について修業の道に入ろうとしていることを、八郎に聞かされます。衝撃を受けたものの、深野への尊敬の念はいっそう高まり、自分は残るべきかついていくべきか、喜美子の気持ちは揺れます。常治(北村一輝)とマツ(富田靖子)はそんな喜美子を心配します。

そんな中、火まつりの夜を迎え、大きなたいまつを担いで歩く喜美子。女性での参加者は珍しかったのですが、八郎と一緒にしっかりと神社にお参りをすませます。深野がいなくなった後、一人前の絵付け師として仕事を続けよう、と喜美子の決意は固まります。そして、ある日、八郎の商品開発室を訪ねた喜美子は意外な姿を目にします。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る