人気講談師神田松之丞(36)の真打ち昇進・6代目神田伯山襲名の披露興行が11日、東京・新宿の末広亭で始まった。

興行は午後5時開演だったが、異名は「チケットの取れない男」だけに、徹夜組を含め早朝から行列ができ、午前7時前に整理券380枚を配布し早々に札止めに。末広亭の長い歴史でも披露興行でこんな事態は初めてという。

立ち見も出る中、口上に師匠神田松鯉、落語芸術協会の春風亭昇太会長らが並んだ。トリで登場すると、「待ってました!」の掛け声と拍手が起こり、「盛り上がりすぎ」となだめる一幕も。「五段目」の定九郎の工夫を描いた「中村仲蔵」を45分熱演し、「日本一」の掛け声とともにカーテンコールで再登場した。

終演後に会見を行い、新伯山は「びっくりすぎるくらい緊張しなかった。祭に参加したいという感じなのかな。講談が広まる第1歩になればいい」と話した。