虚血性心不全で亡くなった野村克也さん(享年84)は先月20日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜午後12時)の収録に息子の楽天1軍作戦コーチの克則氏(46)と参加していた。番組を手掛ける田原敦子プロデューサーが11日、日刊スポーツの取材に応じ、司会の黒柳徹子(86)とのやりとりでも快活に応じていた野村さんの様子を語った。同局では、この日の模様を急きょ12日に放送することを発表した。

   ◇   ◇   ◇

先月20日に、都内で行われた収録に野村さんはしっかりとした足取りでスタジオ入りした。楽天1軍作戦コーチで息子の克則氏(46)と出席。収録に立ち会った田原プロデューサーによると、体調面の不安は見受けられなかったという。

愛妻家としても知られ、17年に亡くなった沙知代夫人を映像で振り返る場面では「朗らかに笑っていました。親子2人で、沙知代さんの在りし日を懐かしんでいるようでした」と話した。

野村さんは、自分が幼かった頃に死別した父親についても語ったという。野村さんが2歳の時に戦争に出征し、その後3歳で戦死したエピソードを明かし「自分は母子家庭で育ったため、父親像というものがない」と漏らした。

克則氏が高校、大学で寮生活を送る一方、自身もプロ野球の監督として多忙を極めていたこともあり、父親の役目を十分果たせなかったことを悔いたという。田原プロデューサーによると、野村さんは「自分の休みもなく克則のそばにいてあげられず、ふびんなことをした」と回顧し、幼い頃の自分と克則氏を重ね合わせていたという。

司会の黒柳を前にして、親子共演を果たした野村さんは終始満足そうな表情を浮かべていた。「息子さんが徹子さんに話す様子を、野村さんは頼もしそうに目を細めてご覧になっていました」(田原プロデューサー)。

テレビ朝日は当初、来月以降に放送する予定だったが、急きょ「追悼 野村克也さん」と題し、今日12日に放送すると発表した。野村さんの訃報を受け、放送予定を繰り上げた。番組では妻沙知代さんとの秘話や親子関係、自身の少年時代について語る映像を紹介する。