11日に虚血性心不全で亡くなった野球評論家野村克也さん(享年84)が、息子でプロ野球楽天の作戦コーチを務める克則氏(46)と出演したテレビ朝日系「徹子の部屋」(月〜金曜正午)が12日、緊急放送された。

先月20日に収録され、3月以降に放送予定だったが、11日の訃報を受けて、この日に放送された。

野村さんは、司会の黒柳徹子(86)からの質問に快活に応じ、体調面で問題がなかったことをうかがわせた。

番組で17年12月に亡くなった沙知代夫人(享年85)と3人でハワイに行った際の映像を紹介。野村氏は沙知代夫人のことを「ボクと性格が違う。攻めて、攻めていく」。沙知代夫人は「ケセラセラよ」と笑っていた。

克則氏は「ぶつかることも多かったけど、母の子で良かったなと思う。高校と大学時代は毎回、試合を見に来て、スタンドから声を出す。休場に響き渡る声で『打て〜』とか叫んでいた。やめてくれって言ってたんだけど、諦めました(笑い)。自分でも好きにさせてくれと言ってました。楽しみながら見ていたから理解してましたけど」と振り返った。

田原敦子プロデューサーによると、収録中の野村さんは元気な様子で、体調面の問題を感じることはなかったという。「息子さんの話にも目を細めて聞き入るなど父親としての優しさ表情もうかがえました」と収録当日の様子を振り返った。