フジテレビ系「めざましどようび」(土曜午前6時)の情報キャスターを務める、新美有加(にいみ・ゆか)アナウンサー(27)が13日、結婚した。名前の通り“にいみの日”の2月13日未明に婚姻届を提出した。

相手は20代の会社員で、挙式、披露宴は未定。今後も仕事を続けていく。

新美アナは上智大在学中に「上智大学ソフィア祭」の実行委員を務めた。15年に入社後は、18年から3年連続で同局の女性アナウンサーカレンダーの制作を担当している。今年のカレンダーでは、7月に先輩の山崎夕貴アナウンサー(32)とツーショットで白いノースリーブのドレス姿で登場している。

新美アナは「私事ではございますが、かねてお付き合いしていた方と2月13日に婚姻届を提出いたしました。いいところを見つけて褒めることが得意で、弱気な私を常に勇気づけてくれる人です。誰に対しても優しくて決断力のある彼から学ぶことも多く、お互いを敬いながら安らげる家庭を築いていこうと共に決意いたしました。いつもご支援してくださる皆様への感謝の気持ちとともに、より責任感を持って仕事に励んでまいります。今後とも変わらぬご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます」とコメントを発表した。

◆新美有加(にいみ・ゆか)1992年(平4)4月9日、東京都生まれ。上智大経済学部を卒業して、15年にフジテレビにアナウンサーとして入社。同期は宮司愛海アナ(28)小沢陽子アナ(28)など。趣味はドラマ・映画鑑賞、愛犬たちとの日なたぼっこ、観劇、散歩。モットーは「どの瞬間も一生に一度と心得て相手と接する」と「ごはん粒は残さない」。現在は「LiveNewsit!」(月〜金曜午後4時50分)の月、火曜のレギュラーを務める。167センチ。血液型A。