俳優高野洸(22)が4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ「KING OF DANCE」で、ドラマ初主演することが13日、分かった。

高野が演じるのは、5年ぶりに復活するダンスパフォーマンスのタイトル「KING OF DANCE」を目指すダンサー高山空。事故をきっかけにダンスを諦めていたが、仲間との出会いで再び夢に向かって走りだす。

ライバル三浦海斗を和田雅成(28)が演じる。今年7〜8月には、同じキャストで東京、大阪、名古屋で舞台化される。

高野はダンス&ボーカルユニットDream5のメンバーとして、14年にNHK紅白歌合戦に出場。16年いっぱいで活動を休止後は、俳優としてミュージカル「刀剣乱舞」シリーズや舞台「ヒプノシスマイク」などに出演、CDや写真集を発売している。

高野は「見どころは吹き替えなしの本気のダンス。プレッシャーを感じていますが、僕にとって初のドラマ主演作になるので、今からダンス稽古や撮影現場が楽しみです。小さい頃にダンススクールに通い始め、スクール内でダンスチームを組んで小さなコンテストに出たりもしていました。ドラマの台本を読むと、あの頃の感じを少し思い出しました。自分がこれまでやってきたことが凝縮されているようなドラマ。自分ももっと努力して、主人公・空のようにダンスを磨いていきたいと思います。共演者はダンスがうまい人たちばかりが集まっている現場なので、その人たちのダンスを間近で見るのも、一緒にバトルするシーンなどもあるので、どんな映像になるのかワクワクしています。このドラマを通して少しでもダンスに興味を持ってもらえたらうれしいです」と話している。

放送時間は、読売テレビが4月11日スタートで毎週土曜深夜0時58分、中京テレビが同16日スタートで木曜深夜1時44分、BS日テレが5月7日スタートで木曜午後11時。

◆高野洸(たかの・あきら)1997年(平9)7月22日、福岡県生まれ。09年NHK教育「天才てれびくんMAX」のオーディションに合格してDream5のメンバーに。10年TBS「タンブリング」で俳優デビュー。16年活動休止。19年1月シングルCD「LOVE STORY」発売。177センチ。血液型B。