世界的に大ヒットした米ドラマ「24」の日本リメーク版となるテレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」に唐沢寿明(56)が主演し“日本版ジャック・バウアー”を演じることが23日、分かった。10月から全24話(放送枠、期間未定)で放送される。

唐沢はキーファー・サザーランドが演じた主人公ジャック・バウアーにあたる、テロ対策ユニット「CTU」第1支部A班の班長、獅童現馬(しどう・げんば)として登場。危険な任務を遂行する大胆さと状況を見る冷静さを武器に、テロと戦う捜査官を演じる。

唐沢はオリジナル版を「何十回も見ていた」という筋金入りの「24」ファン。オファーを受け「まさか自分が日本版ジャック・バウアーをやるとは」と驚きを振り返る。これまでもフジテレビ系ドラマ「白い巨塔」、漫画「20世紀少年」の映画シリーズなどリメーク作に主演したが、その都度批判にさらされてきたと明かし「今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない?」と苦笑する。

さまざまな意見があることは織り込み済みだ。視聴者の声を聞きながら作品作りに生かしたいとし「意見もどんどん出していただきたいと思います」。作品への敬意も忘れず「出演者一丸となって、日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」と話す。

まもなくクランクイン。激しいアクションに備え護身術を取り入れたハードトレーニングに臨んでおり、唐沢は「俳優生命を懸けて取り組みます」と気合に満ちている。

◆「24」 01年に米FOXでオリジナル版の「24−TWENTY FOUR−」シーズン1がスタート。10年のシーズン8まで制作され、日本ではフジテレビ、テレビ東京などが放送した。「24 JAPAN」ではアフリカ系米国人大統領の誕生を題材にしたシーズン1をベースに、日本初の女性総理大臣が誕生するまでの24時間を描く。CTU捜査官の獅童現馬(唐沢)は総選挙当日、女性総理候補の暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる。しかし同時に自分の娘が誘拐される事件が発生してしまう。