日本キャスト版のミュージカル「ボディガード」が24日、大阪・梅田芸術劇場で上演され、5日遅れの初日を迎えた。当初は19日開幕の予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、22日までの公演は中止。23日の休演日をはさんでの幕開けとなった。

この日は入り口で、赤外線サーモグラフィーによる検温と観客の手の消毒が行われ、看護師1人が待機。従業員はマスクを着用し、チケットを切るスタッフや、パンフレットなどを販売するスタッフの手にはビニールの手袋が着けられていた。ドリンクカウンターは営業を中止し、トイレのハンドドライヤーも使用禁止となっていた。

公演前には、こまめな手洗いや消毒、マスクの着用、会話を控えるようアナウンスされた。観客はほぼ全員がマスクを着けていた。

今公演は宝塚歌劇団の元星組トップスター柚希礼音(40)と、新妻聖子(39)がダブルキャストで主人公レイチェルを演じる。

この日、主演した新妻は「初日公演にお越しくださいましてキャスト一同御礼申し上げます」と客席にあいさつ。「お客様が客席にいる状態で、お客様あっての舞台と身に染みています」と感謝した。

今公演が初舞台となった大谷亮平(39)は「初日にたくさんの方に来ていただいて感激です。大阪の人間なので、地元でデビューはうれしい。記念すべき1日になりました」と喜んだ。母や友人が観劇していると明かしたが「探しきれませんね」と笑わせた。

初ミュージカルに挑戦した吉本新喜劇の内場勝則(59)は「ミュージカルは初土俵。ご迷惑おかけしないか心配でした」と振り返った。

米国に帰国した演出・振付のジョシュア・ベルガッセ氏からは「初日の場にいることができず残念です」と手紙が送られた。

新妻は「こんなにご来場いただいて感謝しています。お元気で、またどこかのステージでお目にかかれますように」とあいさつ。最後は内場が「ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃー」と、吉本新喜劇の先輩、末成映薫のギャグを披露し、キャストが転げた。

同公演は19日に初日を迎える予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、20日からの開幕となっていた。19日に大阪と兵庫の往来自粛要請などがあり、20〜22日の公演も中止。5日遅れで迎えた初日だった。

観劇した京都在住の女性は「来るまで心配でした」。大阪・枚方市の50代の男性は、たまたまこの日のチケットを持っていたといい「中止は覚悟してました。感動しました」と話した。

大阪の同劇場での公演は29日まで。東京公演は4月3〜19日に東急シアターオーブで行われる。