宝塚歌劇団(兵庫県宝塚市)は25日、27日に兵庫・宝塚大劇場で再開予定だった花組公演と、31日予定の新人公演、27日に東京宝塚劇場で開幕を控えていた星組公演などについて、3月末まで上演を取りやめると発表した。

宝塚大劇場では、花組新トップ柚香光の本拠地お披露目となる「はいからさんが通る」が13日開幕予定も中止が続き、初日は見送りに。27日開幕へ向けて「感染予防対策に最大限取り組み」準備を進めていた。しかしながら「新型コロナウイルスの感染状況や政府および地方自治体の方針などをふまえて、総合的に判断し」再開を見送った。

花組公演の中止期間延長は27〜31日まで。新人公演最終7年目に入ったばかりで期待の100期生の1人、一之瀬航季が初主演予定だった新人公演(31日)も中止となった。

東京宝塚劇場では、22日の雪組公演千秋楽で再開した後は、27日に星組公演の開幕を控えていたが、同時に初日から31日までの開催を取りやめた。

また、宙組のTBS赤坂ACTシアター「FLYING SAPA」も30日の初日から31日まで、東京・日本青年館ホールの「壮麗帝」も、開幕予定の28日から30日まで(31日は休演日)を中止する。