吉本興業は1日、公演を再開している全国5劇場の3日からの新型コロナウイルス感染防止対策を発表した。大阪・なんばグランド花月(NGK)、よしもと漫才劇場、東京・ルミネtheよしもと、ヨシモト∞ホール、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場の5劇場で、3日から舞台上のアクリル板を撤去し、センターマイクの使用を開始する。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同社は3月2日から全国の劇場公演や主催イベントを中止。無観客配信などをへて、6月19日に5劇場で観客を入れて公演を再開していた。漫才ではコンビの間にアクリル板が置かれ、マイクを2本にするなどの対策が取られていた。

また、NGK、よしもと漫才劇場、よしもと幕張イオンモール劇場の3劇場では、これまで9〜13%の客席使用制限から最大50%以下の使用に緩和する。

858席のうち112席を使用していたNGKは404席が使用可能となる。305席のよしもと漫才劇場は34席から133席に。301席のうち28席しか使用できなかったよしもと幕張イオンモール劇場は134席が使用可能となる。

ルミネtheよしもとは458席のうち54席、ヨシモト∞ホールは218席のうち26席と、これまで通りの数で公演を行う。