井端珠里「牝猫たち」で初の主役ゲットも恐縮しきり

井端珠里「牝猫たち」で初の主役ゲットも恐縮しきり

 日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト第3弾「牝猫たち」(白石和弥監督)の初日舞台あいさつが14日、都内で行われ、井端珠里(29)真上さつき(20)美知枝、郭智博(32)が登壇した。

 池袋の風俗店で働く3人の女性の物語。主演の井端は、リブート・プロジェクト第1弾「ジムノペディに乱れる」(行定勲監督)のオーディションで不合格だったことを明かし「まさか、この作品に受かると思っていなくて」と、初めての主役に恐縮した様子。白石監督は「唯一、行定さんとの共通点が女性の趣味なのに…。あれ?」と笑わせた。

 井端の常連客を演じた郭は、映画「土竜の唄」シリーズで文字通り体を張った演技を見せている友人生田斗真(32)に“前貼り”の極意を聞いたと話し「一言、『全剃り』と返ってきました」とぽつり。観客を笑わせた。

 「牝猫たち」がロッテルダム国際映画祭のディープ・フォーカス部門に出品されることも発表された。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

20時33分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索