田口被告、大麻使用3日に1回 芸能活動は続行希望

田口被告、大麻使用3日に1回 芸能活動は続行希望

大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された元KAT−TUNメンバー田口淳之介被告(33)と元女優小嶺麗奈被告(38)の初公判が11日、東京地裁で行われ、2人とも「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は2人に懲役6月を求刑して即日結審。弁護側は執行猶予を求めた。

黒のスーツ姿の田口被告。大麻を「約10年前から使っていた」と話し、頻度について「持っていれば3日に1回くらい使った」。人前に出る時や仕事のタイミングでは使わなかったといい「大丈夫だと錯覚していた」と振り返った。

大麻に手を出した理由は「仕事や人間関係のストレス」だと説明。「好奇心もあった」。大麻を使用すると「心が落ち着いて、気持ちがまろやかになった」という。

6月7日に保釈をされた後は都内の病院へ向かった。医師には「依存症ではないと言ってもらった」と説明した。

小嶺被告との今後については「交際をずっと続けたい」と明言。小嶺被告が大麻を使用し続けたのも「僕自身の責任だと思う」と言い、「お互いに違法薬物という認識を持って、2人で注意をしあいながら生きていきたい」と話した。

現在、謹慎している芸能活動については「活動を続けたい」と希望を語った。起訴状によると、2人は5月22日一緒に住んでいた東京都世田谷区のマンションで乾燥大麻約2・2グラムを所持したとされる。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索