インリン7年ぶり日本で本格活動、子育てメドで復帰

インリン7年ぶり日本で本格活動、子育てメドで復帰

 グラビアやバラエティー番組、プロレス参戦など過激な活動で人気を博した台湾出身のタレント、インリン(41)が、今年から、約7年ぶりに日本で芸能活動を本格再開する。結婚、出産を機に台湾に帰国し、子育てが落ち着いたタイミングで復帰を決意。このほど日刊スポーツのインタビューに応じ「目の前のお仕事をやっていきたい」と意気込み、今後も何でも来いの姿勢は崩さない方針だ。

 「M字開脚」グラビアなど、セクシーかつ過激な表現で話題を呼んだインリンが、また日本のお茶の間に戻ってくる。ここ数年は単発で日本のテレビなどに出たこともあったが、本格的な活動再開を希望し、昨年、日本の芸能事務所と業務提携を結んだ。

 「チャンスがあったらまたやりたいという気持ちは、実はずっとあったんです」

 08年に日本人の会社員男性と結婚。その後も日本で2年ほど活動し、故郷台湾に戻った。

 「実は私以上に夫が台湾を気に入って、台湾に住むことになったんです。周りには『だんなさん、大変でかわいそう』って勘違いされますけど(笑い)。私はもともとずっと日本にいたい気持ちもあったんです」

 今は夫、7歳の息子、4歳の双子と5人で暮らす。子育てが落ち着いたタイミングで、復帰を決意した。今後は台湾での生活を続けつつ、月数回日本に来て、芸能活動を行う予定だ。

 「上の子が小学校、下の子が幼稚園に慣れてきて、自分に余裕が出てきたんです。夫も結婚した時から『好きなことをやっていて』と言ってくれて、賛成してくれました。子供も喜んでます。日本のおみやげを買ってくるので(笑い)」

 17日には日本テレビ系「ナカイの窓 グラビアレジェンドSP」に、かとうれいこらと出演。昨年12月に日本に戻った際には、同番組の収録のほか、3本の取材が入るなど、早くも注目の的だ。

 「国際結婚や台湾で育児を経験しているので、日本との違いを紹介していきたいですね」

 昔から、活動の原動力は「おもしろければやる」だった。

 「昔から『何で?』とは思うお仕事があっても、おもしろいと思えばやっちゃう。だから目標を決めずに、呼んでいただけるものには応えたい」

 自ら「太りやすい体質」というが、スタイルはグラドル時代とほとんど変わらない。グラビア復帰はあるのか?

 「みんな私のグラビアを期待しているらしい(笑い)。そこはタイミングですね。実は(M字開脚など)おもしろいものはやり尽くしちゃったんです。また、おもしろいと思えることがあれば。今は子供より、ママ友の目が気になります。恥ずかしいです(笑い)」

【森本隆】

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

日刊スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索