芸能人感覚抜けない今井絵理子議員 「略奪不倫」否定の的外れ

芸能人感覚抜けない今井絵理子議員 「略奪不倫」否定の的外れ

 昨年の「週刊文春」の“ベッキー不倫”報道以降、週刊誌のスクープはますます精度を増している。特に不倫に関しては決定的な証拠がないと世間にも通用しない。誰もが「不倫」と納得できれば、当人に弁明の余地はなくなってくる。今年も渡辺謙が3カ月半遅れたとはいえ会見を開き、不倫を認め、夫婦間は微妙な状態にあることを明かし、とりあえず騒動は一件落着した。

 先週は「週刊新潮」がSPEEDのメンバーで自民党の今井絵理子参院議員(33)と神戸市議会議員の橋本健氏(37)の不倫を報じた。取材精度の高さを物語るように完璧な内容。同宿したホテルでの濡れ髪に浴衣姿の今井。新幹線で手を握り合って寝る2人。この写真だけでも決定的な不倫の証拠。隆盛を誇った写真誌「フォーカス」の精神を受け継いでいるカメラマンの凄さと取材力に改めて感心する。

 写真だけにとどまらず、2人の詳細な交際過程から当事者の2人に直撃取材まで掲載。まさにスクープのフルコース。後は他のメディアに「どうぞご自由に召し上がれ」と差し出したようなもの。最近は週刊誌ネタで視聴率バブルが続いている情報番組は松居一代に続いて「ごちそうさま」と言わんばかりに飛びついた。

 今井が歌手だったなら事務所がメディアの交通整理をしただろうが、今は一議員。立場上、2人は即座に会見したが、男女の関係は暗に否定。「一線は越えてない」との言い訳に終始していた。ホテルだけでなく今井の部屋にも橋本氏が泊まっていた事実まであり、醜い言い訳にしか聞こえない。

 なかでも今井が特に強調していた「略奪不倫ではありません」という言葉。橋本氏の夫婦関係の破綻の一因にさせられることを嫌ったのだろうが、略奪は不倫の結果であって、略奪の有無は今の時点ではあまり意味はない。誰もが不倫と思っているのに、自分の身を守るための弁明は、自分の首を絞める行為に等しい。それがメディアの後追い取材。テレビが橋本氏の妻の反論を主体に報じれば、週刊誌は今井の過去の男性遍歴から言動の数々。さらに現在の生活の実態を洗いざらい報じる。さらなる恥部をさらすかのように。

 要は、「こんなことをしてきた人ですよ」と報じることで、彼女の弁明の信憑性を問う効果がある。安倍首相の答弁でお馴染みになったメディアによる「印象操作」のようなものである。今さら「なぜ議員に選んだ」と言ったところで後の祭り。いまだに今井は芸能人感覚が抜けていない。

(二田一比古/ジャーナリスト)

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索