低音ボイスも武器 米倉涼子「ハリウッド進出」に現実味

低音ボイスも武器 米倉涼子「ハリウッド進出」に現実味

 女優の米倉涼子(42)が2日、東京・渋谷で主演するブロードウェーミュージカル「CHICAGO(シカゴ)」の日本凱旋公演の初日を迎えた。5年ぶりの再演となる米倉は、本番に先駆けた会見で「2度目のロキシー役、やっぱり楽しい!」と笑顔をみせた。

 2012年、日本でのキャリアが通用しないブロードウェーのオーディションを受けて、アジア人初のロキシー役をつかんだ。単身渡米の武者修行は過酷をきわめたが、語学、ダンス、芝居のすべてをマスター。後のテレ朝ドラマ「ドクターX」でのブレークにつながったともいわれている。今年7月にブロードウェーで再演を果たした際は、「おかえり!」とアメリカの観客にもあたたかく迎えられた。

■ダンス、芝居、英語に磨き

 この日の舞台では精鋭のブロードウェーダンサーの中でも、彼女の美脚は一目で主役とわかる光を放ち5年経って演技はさらに重厚感が増していた。のびやかな声と美しい英語の発音に、共演者からも絶賛の嵐だった。

「低音の落ち着いた声に大人の魅力を見いだすアメリカで、日本人女優は声が高過ぎると言われていました。その点、彼女の声はとても聞き取りやすく、海外でも通用する大人の女性の声なんです。それに、あまり知られていないけれど歌が本当にうまい」(舞台関係者)

 今月1日には42歳の誕生日を迎え、この日は共演者からサプライズでバースデーを祝ってもらった米倉。「とりあえずこの公演を終わらせます。それから、とりあえず飲む!」と男前な抱負を語った。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「7月のブロードウェーでの再演は、海外でも高く評価されているということでしょう。国内でもこれだけ確固たる地位を築いていますから、次はハリウッド進出も視野に入っているのでは。日本人俳優で活躍している方は渡辺謙さんや真田広之さんらがいますが、大作に出演する女優はまだいない。海外でも見劣りしないスタイルの良さに、アジアンビューティーなルックスを持っている。映画『ラ・ラ・ランド』のようなミュージカルの出演もありうるでしょう」

 ハリウッド女優がみえてきた。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索