“低刺激”だからウケた? 吉高由里子「正義のセ」大健闘の謎

“低刺激”だからウケた? 吉高由里子「正義のセ」大健闘の謎

 4−6月期のゴールデン、プライムタイムの連ドラ平均視聴率は軒並み1ケタ台。話題作はさまざまあるが、2ケタで上位を独占するテレビ朝日系の刑事ドラマの牙城は崩せていない。

 その中で「思わぬ、と言ったら失礼かもしれませんが、健闘と言っていいでしょう」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏が注目するのが、吉高由里子(29)が新米検事として奮闘する「正義のセ」(日本テレビ系)だ。

 阿川佐和子原作、日テレ水曜22時枠得意の女子のお仕事ドラマ、急逝した大杉漣さんの代役に寺脇康文を起用し初回は11%とまずまずのスタートし、その後も10%前後をキープ。「ストーリーが一本調子」「事件解決の過程が単純すぎる」「吉高由里子が検事とはほど遠い」など、一般視聴者に加えて雑誌やネットに寄稿するテレビウオッチャーからも辛辣な意見が多いものの、長澤まさみ主演の「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系=月曜21時)より上位につけている。

「23日放送の第7話は、保育園の助成金不正受給絡みの話で、ちょうど森友学園の籠池夫妻保釈のニュースが流れたという話題性もあったにせよ、ドラマの内容自体は残念なものでした。不正受給発覚のきっかけが園児のお絵描き帳、園長は不正受給でぜいたくをしているようにも見えなかったし、簡単に"完落ち"してしまう。吉高が演じる新米検事が持ち前の正義感で粘って悪を断罪する、といった爽快感があるわけでもない。正直、何が面白いのかという理由が見つけにくいんです」(前出の亀井氏)

 放送直後のSNS上でも「既視感がある」「一本調子」などと、やはりネガティブの意見が多かったのだが、それでもなぜか視聴率は大崩れしない。なぜか。

「凝った作りのドラマは他にいくらでもあるのに『正義のセ』が大崩れしないのは、もともと日テレ全体の視聴率のベースが他局より高いこともあるでしょうが、むしろ一本調子で"低刺激"な作風だからウケるのかも。主演の吉高をはじめ安田顕、三浦翔平、生瀬勝久などアクの強い脇役を揃えた割には、それぞれの演技が抑えめに映ります。それが逆に良かったのかもしれませんね」(亀井氏)

 確かに「何だかホンワカした気分になれる」「安心して見ていられる」なんてプラスの意見も少なからずある。世の中は市長のセクハラとか監督のパワハラとか、連日、あきれ果て疲れ果てるニュースばかり。視聴者もドラマぐらいはホッとしたいか。

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索