ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

「整いました!」の掛け声から始まる“即興なぞかけ”で2010年、流行語大賞トップテン入りするほどの一大ブームを巻き起こした、お笑い芸人のねづっちさん。あれから約8年、今どうしているのか?

■ユーチューブにネタ動画1800本公開

 ねづっちさんに会ったのは浅草の演芸場「東洋館」。おなじみの蝶ネクタイに赤いチェックのジャケット姿だ。失礼ながら、さっそく即興なぞかけをお願いしてみた。すると、すぐさま「日刊ゲンダイとかけて、腹の据わった人と解きます。その心は」と、こう整えた。

「勇敢(夕刊)でなくてはなりません」

 さすが。腕前は健在だ。

 04年から木曽さんちゅうさん(47)と結成したお笑いコンビ「Wコロン」は15年3月に解散。ねづっちさんは現在、ピン芸人として活動している。

「細かくやっているテレビやラジオのレギュラーのほか、営業とライブをやっています。ショーパブなんかにも月に1、2回出てます」という。

 近年はユーチューブ上にネタ動画を日々公開。その数、今や1800本にも達する。

「月1回の単独ライブで、30〜40分間ほど新ネタの漫談をやるんですよ。いざ、ネタを作ろうと思うと大変なので、1日1分くらいのネタをコツコツ作り、ユーチューブにアップしてるんです。“公開ネタ帳”ですね。動画の収入ですか? 半年に1回くらい、忘れたころに2万円前後入ってきます。ノートに書いてたら一生0円だと考えると、優秀ですよね(笑い)」

 お笑い以外にやっていることを聞くと、「ないです」と即答。「日々劇場に出るだけ。ピンとしては日が浅いので、早く自分にしかできない漫談スタイルを確立したいです。まあ、きっと死ぬまで納得しないでしょうけどね」

■ピーク時の一年間、休みは結婚式の1日だけ

 さて、東京都日野市出身のねづっちさんは、大家族の一員として幼少期を過ごす。祖母と「笑点」(日本テレビ系)などを見るうちに、物心ついた時には大の演芸好きになっていた。

 東洋大法学部に在籍中の97年、幼なじみの諸藤潤さんとお笑いコンビ「ケルンファロット」を結成。「覚えにくいから」という理由で「ケルン」に改名し、約7年活動したが、03年に解散。翌年から「Wコロン」として活動を始めた。

 なぞかけのきっかけは、ある日、舞台袖で見かけた落語家の公演だった。

「話の枕で『お坊さんとかけて朝刊と解く。その心は、袈裟着て経読む(今朝来て今日読む)』というなぞかけを知ったんです。『これよりうまいもの作りたい!』ってハマりました」

 以来、楽屋で芸人仲間たちと熱中していると、なぞかけ好きのモノマネ芸人、コージー冨田さん(51)と意気投合した。

「06年ごろからですかね。コージーさんに『こんなヤツがいるのか!』とビックリされて、以来、電話がかかってきては、朝まで飲みながら延々となぞかけをしてます」

 そして10年1月、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の町工場芸人特集に出演した際、磨き上げた即興なぞかけを披露して大ブレーク。

「次の日から、仕事がバーッ! と入りました。あの1年は本当に忙しかったです。朝から晩まで仕事が詰まってて、休みは9月の結婚式の日だけ。嫁の実家の青森に行って式を挙げ、翌日帰ってきてすぐ仕事でした」

 当時は「そんなに稼いでないです」と謙遜しつつ、最高月収は約500万円に達したそうだ。

「『S1―バトル』で優勝賞金1000万円を獲得した時です。相方と2人で折半して、事務所の取り分や税金を考えたら330万円くらい。それがあったから500万円になりました」

 今の年収は「一般企業の部長くらい」とか。

 将来は「死ぬまで芸人でいたい。枯れたジイさんになっても、やり続けたいです」とキッパリ。

「日常のイヤなことを、笑って一瞬でも忘れてほしいというのが我々の仕事。ストレスがたまったら、僕のネタを見にきてほしいです。シャレが通じない人も増えてきた気がしますし、演芸場に来て、おおらかな気持ちになってほしいですね」

 (取材・文 桜井恒二)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索