綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

 綾瀬はるか(33)と石原さとみ(31)。ともにホリプロの"看板女優"で、ライバルでもある2人のアラサー女優が夏の連ドラで主演し、"直接対決"に注目が集まっている。

「視聴率は主演だけで決まるわけではありませんが、2人が同じクールとなると、どうしても数字を比較したくなりますよね」

 そう語るのはテレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 綾瀬がバリバリのキャリアウーマンを演じる「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)は初回11・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。一方、石原が華道名門の令嬢という設定の「高嶺の花」(日本テレビ=水曜夜10時)は11・1%と、ほぼ互角ながら、わずかに綾瀬が上回った。

「綾瀬が昨年10月クールの日テレ水曜夜10時枠で主演した『奥様は、取り扱い注意』は平均12・7%。その1年前に同じ枠で石原が主演した『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の12・4%をわずかに上回っていますが、これまた、ほぼ互角。だから同時に主演している今クールの数字は、彼女たち自身はもちろん、周囲のスタッフも相当意識しているようです」(テレビ情報誌ライター)

 先週放送の第2話は、「義母」が11・3%とほぼキープ。それに対し、「高嶺」は9・6%と1ケタ台に転落した。

「2話まで見た限りでは、ドラマ全体の魅力としては『義母』、女優の魅力としては『高嶺』と感じました。『高嶺』は、石原がどの場面でも、とにかくかわいくて魅力的。第2話のキャバ嬢姿なんて、男性視聴者のツイートがかなり盛り上がっていましたからね。ただ、石原の印象が強すぎるのと、その割に登場キャラが多いことで、ストーリーに入り込みにくい側面がある。その点、『義母』の方がバランスもテンポもよく、見やすいのかな、という気がします」(亀井徳明氏)

 女優の魅力で石原に軍配を上げつつ、全体のデキは「義母」。最終回まであと2カ月、このまま綾瀬がリードするのか、それとも石原の巻き返しはあるのか。

「『高嶺』の脚本は、1991年の"伝説的月9"『101回目のプロポーズ』の野島伸司氏。くしくも"美女と野獣"ものですよね。このまま引き下がらず、最後まで『義母』とデッドヒートという展開を期待しています」(亀井徳明氏)

 "美女対決"を追っていくのも、寝苦しい夜の一興か。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索