「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

「(NHK朝ドラの)弁護士役とは別人!」

 菅田将暉(25)の狂気をはらんだ演技を絶賛する声がネット上にあふれ返っている。菅田主演の連ドラ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系、日曜夜10時30分)の話。

 6日放送の初回視聴率は10.2%と2ケタ好発進、13日の第2話は10.6%と数字を伸ばした(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。生徒役に永野芽郁、川栄李奈、今田美桜、上白石萌歌ら人気の若手が揃っていることで話題になったが、今や注目は菅田の演技力に。

「菅田クンはイマドキの若者らしく、普段はむき出しの“熱さ”を感じさせませんが、サザン風に言えば、時々“マイナス100度”の凄みをのぞかせますね」(在京キー局関係者)

 芸能ライターのエリザベス松本氏は、かつて「舞台上の菅田さんの演技に魅せられた経験があります」とこう話す。

「佐藤健さんと石原さとみさんの共演で話題になった2012年の舞台『ロミオとジュリエット』。2人の共演を楽しみに見に行ったのですが、いざ幕が上がると、ロミオの友人役を演じた菅田さんに一瞬でクギ付け。アイドルっぽいルックスなのに、エロさと凶暴さを持ち合わせているところがたまりませんでしたね。世代が違う2人の女友達と一緒に鑑賞したんですが、普段は役者の好みもバラバラなのに、舞台終了後には『菅田クンしか目に入らなかった』と全員一致しました」

 菅田が幅広い世代から好かれる俳優であることは、ドラマや映画、CMと、最近の八面六臂の活躍ぶりを見てもよく分かる。若手の中で演技はピカイチと評価されることが多いが、その“源泉”はどこにあるのか。

「菅田さんのお父さんは経営コンサルタントとして活動されています。経営者セミナーを開催しているそうですが、菅田さんには子供の頃から受付や資料配布の手伝いなどをさせて、いろいろな業界の社長の考えを間接的に聞かせていたそうです。そうすることで『大人の仕事の実態や社会の成り立ち、社長たちの努力、苦労、責任感、使命感、潜在能力を学ばせていた』と。多感な時期にセミナーでいろんな大人の言動を見聞きし、観察したことが、ひょっとすると今の菅田さんの演技に少なからず影響を与えているのかもしれませんね」(エリザベス松本氏)

 菅田はかつて情報番組で「『来た仕事は全部やる!』という覚悟を決めている」と語っていた。2019年もスクリーンやテレビで菅田の顔を見ない日はなさそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索