海老蔵と勸玄が“W襲名” 小林麻央さん「生」への強い執念

海老蔵と勸玄が“W襲名” 小林麻央さん「生」への強い執念

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が1月14日、東京・歌舞伎座で会見し、来年5月に江戸歌舞伎を代表する大名跡「団十郎」の13代目を襲名することを発表した。この日の会見には「市川新之助」の8代目を襲名する長男の堀越勸玄くん(5)も同席。大きな声で「どうぞよろしくお願いいたします!」と挨拶をした。

 海老蔵は団十郎襲名について「とても大きな名前」「計り知れない重み」と感想を語った。マスコミから最もこの襲名を伝えたい人について聞かれると、父の12代目団十郎(享年66)と、一昨年亡くなった妻の小林麻央さん(享年34)の名前を挙げた。会見に出掛ける前は、麻央さんの遺影に向かって「こういう日が来たよ」と手を合わせたという。麻央さんは5歳になった勸玄くんの晴れ姿も見たかったはずだ。

 私は2017年6月に麻央さんが亡くなる約2カ月前の同年4月21日、彼女の姿を東京・御茶ノ水で目撃した。この頃の麻央さんは体調が芳しくなく、自宅で療養していると伝えられていた。

 ところが、この日の麻央さんは、早朝に自宅を出ると、ハイヤーで御茶ノ水に向かった。到着したのは免疫細胞療法で知られる小さなクリニックだった。目と鼻の先には日大駿河台病院、さらには順天堂大学病院といった大きな病院があるにもかかわらず、麻央さんが駆け付けたのは雑居ビルの中のクリニック。白いマスクに全身黒ずくめの服装。足を引きずりながら歩く姿は、痛々しかった。

 麻央さんがこのクリニックに入ったのは午前10時すぎ。そして、治療を終えて外に出てきたときには、時計の針は午後0時50分を回っていた。

 3時間ほどこのクリニックで治療を受けていた計算になる。治療後の麻央さんのそばには彼女の母親の姿があった。明大通りにはたくさんの学生やサラリーマンの姿があったが、私以外は誰ひとりとして白いマスクの女性が麻央さんだとは気付かなかったようだ。

 そして、御茶ノ水を出て30分後に到着したのは、赤坂の草月会館側のこれまたこぢんまりとしたクリニック。がんの温熱療法で有名なクリニックだった。母に抱えられながら麻央さんが建物の中に入ったのが、午後1時30分少し前。再び青山通りに姿を現したのが午後4時を過ぎた頃。その瞬間、私は驚くべき光景を目にする。母に抱えられてクリニックに入った麻央さんが、出る時は看護師に誘導されながら、ひとりで歩いて表に出てきたのだ。しかも、白いマスクを外し、ウィッグを取り、笑みを浮かべ、頬に赤みが差しているようにも見えた。私は思わず「あっ!」と驚きの声を漏らした。麻央さんの生への強い執念を感じ、思わず鳥肌も立った。

 病身の麻央さんを直撃しなかったが、「少しでも長く生きたい!」「愛する家族の元に絶対に戻るんだ」――。そんな彼女の心の声を聞いたようだった。青山通りを走るタクシーを看護師が止め、2人は渋谷方面に走り去った。あまりの衝撃に私の手も震えていた。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索