故・市原悦子さんの大記録 3シリーズで主演本数は「54本」

故・市原悦子さんの大記録 3シリーズで主演本数は「54本」

 女優・市原悦子(享年82)が亡くなり、各局が先週から追悼番組を放送中だ。

 市原といえば、やはり「家政婦は見た!」シリーズ。テレビ朝日は先週に午後とゴールデンタイムに分けて数話をオンエア。1983年から25年間、四半世紀にわたる26作からチョイスした。

 フジテレビは「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」がある。こちらは94年から16作。いったん07年で終了したが、視聴者の声に応えて、一昨年に新作が作られ、それが週末に放送された。もうひとつ、TBSは「弁護士高見沢響子」シリーズを98〜14年に12本制作している。

 3局合計54作(他にも市原主演の特番ドラマは「西新宿俳句おばさん事件簿」や「バスガイド愛子」など数回のシリーズドラマが複数ある)。これはすごい数字だ。

 市原は脇役としてスタートしたが、その存在感が年齢とともに増し、還暦前あたりから唯一無二の“大女優”の地位を築いたことで、昨年亡くなった樹木希林(享年75)と似ている。

 映画中心の希林に対して市原はドラマ。しかも2時間もののシリーズといえば、一昨年亡くなった渡瀬恒彦(享年72)など男優の主演が多い。そんな中、女性としてこれだけの看板シリーズを背負い、「2サス」枠を支えてきたわけだ。

 とくに「家政婦」は松嶋菜々子の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)、松岡昌宏「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)にも影響を与えた。

 これらの“市原2時間もの”は視聴層の中心である中高年に食いつきもいいし、コストもかからず各局は随所に放送して数字を稼ぎそうだ。

 それにしても最近はテレビを支えた名優の物故が多い。テレビが追悼再放送ドラマばかりにならないように、次なるシリーズものの看板俳優・女優をつくるのが急務。沢口靖子じゃまだ若い!

(作家・松野大介)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索