第91回米アカデミー賞の下馬評は “本命”にセクハラ発覚で大混戦

第91回米アカデミー賞の下馬評は “本命”にセクハラ発覚で大混戦

 映画界最大の祭典、第91回米アカデミー賞の授賞式が日本時間の2月25日(月)と迫ってきたが、今年は例年になく大混戦になっているという。

 とくに最優秀作品賞は、賞レースの前哨戦としてアカデミー賞と重複することが多いトロント国際映画祭の最高賞(観客賞)を獲得した「グリーンブック」が本命とみられてきたが、ピーター・ファレリー監督の20年前のセクハラ行為が報道され失速。

 これは監督が「メリーに首ったけ」(98年)のオーディション時に、当時まだ売り出し中だった女優キャメロン・ディアスに丸出しの下半身を見せつけた事件のこと。受賞作品は映画芸術科学アカデミー会員の投票で決まるため、こうした醜聞の影響は無視できない。混迷を極めるオスカー争いについて、映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「スキャンダルといえば、同じ作品賞候補の『ボヘミアン・ラプソディ』を完成直前で降板させられたブライアン・シンガー監督も、17歳少年に性的暴行した疑惑が同時期に報じられました。同性愛を公言しているシンガー監督を絶賛していたLGBT団体もこれには大激怒。同団体が主催する映画賞の候補から外しています。そもそも、セクハラ撲滅のMeToo運動がここまで盛んになったのは、オスカー常連の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインを有名女優たちが告発したのがきっかけです。以来、1年以上経っても次から次へと出てくるゴシップには、アカデミー会員たちもうんざりでしょう」

■漁夫の利は…

「グリーンブック」に代わり作品賞争いのトップに躍り出たのが、メキシコの誇る映画作家アルフォンソ・キュアロンの半自伝的作品「ROMA/ローマ」だ。メキシコで暮らす普通の人々の日常を丁寧に描写して、米国の批評家たちからも絶賛。国境の壁問題など、国民的関心が高い隣国の物語という点も有利で、このまま受賞となるのか。

「この数年でだいぶ是正されたとはいえ、オスカー会員のほとんどは高齢の白人男性です。保守的な彼らがNetflix配信のみの本作を『映画』と認め、最高賞を与えるかがカギでしょう。また作品賞の投票方式は独特で、ド本命でもアンチがいる作品より、万人がそこそこ評価する2、3番手のほうが受賞しやすい。監督のセクハラ騒動でケチがついた『グリーンブック』よりは有利です。とはいえ、作品賞は監督ではなく製作者に与えられる賞。『グリーンブック』は製作者(脚本も兼任)の父親の実話で、亡き父への愛があふれる感動物語だと抜群の評価。メンバーが重複していて投票方式も同じ“米・製作者組合賞”を受賞しているのも大きい。このまますんなり受賞もあり得ます」(前田有一氏)

 下馬評のほうがはるかに面白い今年の米アカデミー賞。栄冠は誰の手に――。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索