夜の公園で棒術の稽古…ディーン・フジオカの厳格すぎる私生活

夜の公園で棒術の稽古…ディーン・フジオカの厳格すぎる私生活

 公開中の映画「記憶にございません!」の“どこか怪しい首相秘書官”役が大好評のディーン・フジオカ(39)が、今度は10月スタートの連続ドラマ「シャーロック」(フジテレビ系)で名探偵役に挑戦する。

 ドラマの原作はアーサー・コナン・ドイルのミステリー小説。主役のシャーロック・ホームズをディーンが、パートナーのドクター・ワトソンは岩田剛典(30)が演じる。

「フジとしては今回のドラマがヒットすれば、テレ朝の『相棒』のようにシリーズ化も検討しているようです。実際、最近のフジの月9枠は好調で、『シャーロック』は『相棒』の強力なライバルになる可能性が高いと思います」(テレビ局関係者)

 フジの命運を左右しかねないディーンの取材を筆者が始めたのは、2015年下期のNHK朝ドラ「あさが来た」で彼が五代友厚役を務めた時から。その後、深田恭子主演の「ダメな私に恋してください」(16年、TBS系)、織田裕二主演の「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(同)と、ディーンの出演ドラマを徹底取材してきたが、4年を過ぎても変わらない完璧な外見には舌を巻く。

 その秘密は彼の徹底したボディーコントロールにある。「ダメ恋」や「IQ」の収録終わりに何度となく追跡取材を試みたが、ディーンはいったん自宅に戻るとなかなか外出しない。アルコールをほとんど口にしないため、人気俳優にありがちな「夜の徘徊」はほとんどしないのだ。

 夜、たまに家から出てくると、スタスタと公園に向かい、ひとりで黙々と「カリスティック」という棒術で使う木の棒を振り回す。ディーンは中国武術と中華剣にもたしなみ、忙しいスケジュールの合間を縫ってひとり黙々と汗を流す。これをテレビ画面で見ればさまになるのだろうが、夜の公園だと少し怪しげな雰囲気で、時に警察官の職務質問を受ける姿も見かけた。

 また、「ダメ恋」の収録時、ディーンは東京・五反田のインドネシア大使館近くのマンションに住んでいた。大使館近くのボクシングジムのトレーナーはこう証言した。

「ある日、ディーンさんが突然、『ここで練習をさせて下さい!』とジムに飛び込んできたんです。『見覚えのある人だな』とは思いましたが、まさか朝ドラの五代さんだったとは……。ボクシングの技術はありましたよ。動きが凄くシャープで奇麗だったのが印象に残っていますね」

 変わらぬ肉体美のもうひとつの秘密は独特の食生活にある。ディーンは過去にテレビ番組でグルテンアレルギーであることを告白。グルテンとは、小麦などに含まれているタンパク質だが、ディーンは、グルテンを含まない米粉の麺を使ったベトナム料理の“フォー”が大好物。ドラマの収録中もフォーがおいしいことで有名な店に足しげく通っていた。

 また、ディーンは「サンバル」というインドネシアの辛味調味料を肌身離さず持ち歩いている。美容や健康にもいいと若い女性の間でも人気のスパイスだ。これをフォーや、たっぷりの野菜に振りかけて食べるのがディーン流。心身のベストを保ったまま「シャーロック」の撮影も乗り切るに違いない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索