高岡早紀の“ハマリ役” ドラマ「リカ」怖すぎて笑っちゃう

高岡早紀の“ハマリ役” ドラマ「リカ」怖すぎて笑っちゃう

 今期の連ドラも中盤から後半へ。米倉涼子(44)主演の「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系木曜夜9時)が初回の20%超えから第2話以降、右肩下がりながらも高視聴率をキープ。木村拓哉(47)主演の「グランメゾン東京」(TBS系日曜夜9時)がそれに続く。

「やはりGP帯は、感情移入しやすい、予定調和のヒューマンものが視聴率を稼ぎやすい」(テレビ誌ライター)

 もっとも深夜帯に目を向けると、視聴率以上にネット上で盛り上がりを見せている作品がある。高岡早紀(46)主演の「リカ」(フジテレビ系土曜夜11時40分)もそのひとつ。原作は、五十嵐貴久のホラーサスペンスシリーズで、今作はそのうち「リカ」と「リハーサル」を2部構成でドラマ化している。

「高岡が演じる雨宮リカのキャラクターが強烈すぎて、放送後のネット上は悲鳴に近い盛り上がり方です」(前出のテレビ誌ライター)

 第4話で第1部が完結し、9日から始まった第2部は、その3年後だ。“運命の人”に執着するあまり過激な行動に出るリカがパワーアップ、マッチングサイトで出会った次なる運命の人・大谷亮平(39)演じる映画会社プロデューサーの本間を追い詰めている。ネット上では〈原作を読んでみて、さらに期待が高まった〉との声も。

「原作はトラウマになる人もいるほど凄惨な終わり方だけに、テレビでどこまでやるのかに興味が集まっています。GP帯の“予定調和”に馴染まない層は、良くも悪くも騒然。好き嫌いはあるものの、続編が作られてもおかしくないインパクトを与えています」と語るテレビコラムニストの亀井徳明氏は、その理由について「高岡早紀の役作りのうまさでしょう」とこう続ける。

「実は『リカ』は2003年にテレビ朝日で“土曜ワイド劇場25周年企画”として放送されています。主演は浅野ゆう子でしたが、展開自体は怖くても、どこかコミカルに見えてしまっていた。今回は、時折見せる高岡の可愛げと、リカの恐ろしい言動のバランスが良く、原作のテイストを生かしつつも、“純愛モンスター”として深夜ドラマらしいキャラクターが成立。バラエティー全盛期のフジテレビなら、リカをパロディーネタにもしていたでしょうね」

 確かに、高岡の「雨宮リカ、28歳です」「死ねばいい」はゾクッとする怖さだ。

「かつて雛形あきこが演じた『ストーカー・誘う女』(TBS系、1997年放送)の何百倍も怖いキャラです。怖すぎて笑っちゃうほどですね」(制作会社関係者)

 88年にCMで芸能界デビュー。94年の映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の“お岩”役で豊満なバストと大胆な濡れ場を見せ、当時の映画賞を総ナメにした高岡の衰えない美貌と相まって、一番の“ハマリ役”になるかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る