沢尻エリカ容疑者の再生に尽力も水泡に帰す…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

沢尻エリカ容疑者の再生に尽力も水泡に帰す…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

 麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)が“実姉”のように慕う、写真家で映画監督の蜷川実花氏(47)。その蜷川氏は沢尻容疑者の逮捕から24時間以上経過してようやくSNSにメッセージを投稿。聖母像が祈りを捧げる置物の前に紅い梅の花を添えて、「明日からも頑張ろう」とつづった。蜷川氏の書き込みからは、深い嘆きと落胆が伝わってくる。

 沢尻容疑者と蜷川氏の出会いは今から8年前の2011年夏頃。同年4月、沢尻容疑者は長期休養期間を経て、蜷川氏が所属する「エイベックス・マネジメント」に移籍した。蜷川氏は事務所幹部から、離婚騒動で揺れる沢尻容疑者を「再び輝かせてほしい」と依頼されたそうだ。

 蜷川氏はスキャンダルまみれの沢尻容疑者をいかにして再生させるか、悩み抜いた末に「彼女の女優としての才能は追随を許さないほど秀でている」という結論に達したという。

 そこで、蜷川氏は自身が監督を務める12年7月公開の映画「ヘルタースケルター」のヒロインに沢尻容疑者を抜擢。沢尻容疑者はその期待に応える形で“整形美女”を熱演し、内外から高い評価を得た。蜷川氏の手によって沢尻容疑者が生まれ変わった瞬間でもあった。

 その後、沢尻容疑者の業界での評判は一変する。映画「新宿スワン」と「不能犯」など話題作に出演し、CM契約も増えていった。今年は映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」にヒロイン役で出演し、興収10億円を超えるスマッシュヒットとなった。

「『ヘルタースケルター』で仕事を共にしてから、蜷川さんと沢尻さんは“食事会”と称して、お互いの近況報告を兼ねた情報交換の場を定期的に設けていたようです。蜷川さんが沢尻さんに役作りのアドバイスをしてあげたり、時には恋愛相談に乗ることもあったと聞いています」(芸能関係者)

■2人で見据えていた海外進出と東京五輪

 2007年の「別に…」騒動以来、業界でキワモノ扱いされてきた沢尻容疑者は、蜷川氏と出会ってから少しずつ本物の映画女優に変身していった。蜷川氏が監督を務めるNetflixオリジナルドラマシリーズ「Followers」が世界190カ国に来年配信される予定だが、実は沢尻容疑者も、このドラマにワンシーンだけゲスト出演した。そのシーンもカットして配信することが決まった。

「この作品は蜷川監督の海外進出ファースト・ステップだといわれています。その先には“妹分”の沢尻容疑者と共にワールドワイドな本格的な海外映画の企画を見据えていたといわれています」(映画関係者)

 蜷川氏の壮大なプランは、これにとどまらなかった。

「蜷川さんは『2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会』の理事も務めています。組織委は蜷川さんの幅広い人脈にも注目しており、開閉会式等のイベントで著名人のブッキングに彼女が一枚噛んでくれると期待してきました。本当なら来年7月頃は大河ドラマ『麒麟がくる』が話題になっていたはず。ヒロインを務める予定だった沢尻さんも何らかの形で参加するだろうとみられていました」(五輪関係者)

 蜷川氏が沢尻容疑者のために描いたシンデレラ・ストーリーの馬車は、かぼちゃに戻ってしまった。彼女が再び可愛い妹分に再び手を差し伸べる日は来るのだろうか。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る