吉高由里子(31)が週刊誌記者を演じる連ドラ「知らなくていいコト」(日本テレビ系水曜夜10時〜)は、8日の初回視聴率が9・4%とまずまずのスタートを切った。

「最近の吉高さんの主演ドラマといえば、この枠で2017年に『東京タラレバ娘』、18年に『正義のセ』、昨年はTBS系の『わたし、定時で帰ります。』。今回も事前の資料や公式HPから、これまでのこの枠らしい“働く女子の共感狙い”かと思いきや、ちょっと路線は違うようです」(テレビ誌ライター)

 初回冒頭で母親役の秋吉久美子から「父親はキアヌ・リーブス」と聞かされ、それらしい証拠もありながら、中盤以降に“父親は殺人犯”というまったく違う要素も明かされる。

 初回放送後のネット上では〈吉高ちゃん主演ということで期待していたが、話がありえなさすぎてついていけない〉という意見も多かったが、〈吉高ちゃんかわいいし、先が読めないから面白い〉なんて声も。

「確かに、従来の“視聴率狙い”とは違った手法を試みているのは見て取れますね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。

「原作モノのドラマが多い昨今、16年と昨年のこの枠で放送された『家売るオンナ』や、18年のTBS系『大恋愛』などで存在感を見せるベテラン大石静さんが、オリジナル脚本ならではの連ドラの醍醐味を提示してくれるはずです」

 そういえば1話完結、事件もの、分かりやすい共感と感動……そういった“数字が稼ぎやすい”手法とは一線を画した大胆なやり方で話題を呼んだのが、昨年の日テレドラマだ。

 特に“日曜ドラマ”の「3年A組―今から皆さんは、人質です―」や「あなたの番です」で目立った。視聴者がネット上でドラマの展開などを“検証”したり“考察”したりする要素は、今回の「知らなくていいコト」にもありそうだ。

「その一方で、秋吉久美子や倍賞美津子ら昭和の個性派女優を使ったり、この枠で18年に放送した『獣になれない私たち』でヒロインの新垣結衣を苦しめたパワハラ社長役の山内圭哉が似たようなキャラでデスクを演じたりと、新旧世代に訴求する仕掛けもある。この枠に限らず、連ドラ苦難の時代、今の地上波GP(ゴールデン・プライム)帯連ドラにできることを必死に模索しているのではないでしょうか」(亀井徳明氏)

 もっとも、その挑戦の成否を測るメインの指標が、いまだに世帯視聴率であることが問題なのだが……。“働く女子の共感”以外の要素も加わって、吉高も新境地開拓なるか。