嵐の櫻井翔(37)のべトナム婚前旅行が「週刊文春」で報じられ波紋が広がっている。

 お相手は大学時代の同級生(38)で、元ミス慶応の才色兼備。大学卒業後は関西のテレビ局に入社し、制作畑で活躍、その後宣伝部に異動し、昨年秋に同局を退社。現在は単身上京し、活動休止まで多忙を極める櫻井のサポートをメインにしているという。櫻井は「news23」キャスターの小川彩佳(34)や女子大生との交際は報じられたものの、結果的には学生時代から育んだ“20年愛”に落ち着いたというわけだ。

 二宮に続く結婚“内定”だけに、嵐ファンの心境たるやだが、ファンの間では「遠距離愛15年、さすが翔くん」「“におわせ女子”じゃなくてよかった」と意外にも歓迎ムードが漂っているという。11月に二宮和也(36)が結婚した際は、元アナウンサーの妻による交際をほのめかす“におわせ”行動に対する反感は強く、ツイッターのトレンドワードに「#二宮和也の唯一の欠点は〇〇(妻の名)」が上がるなどしただけに評価は対照的である。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「お相手はテレビ局を退社してから、ベトナム旅行に行っており、ファン心理を逆なでしない賢明な選択をされています。このような報道が出ても彼女の噂が立たないこと、テレビ局の宣伝部というマスコミと接する部署に勤務していたことからも裏方として分をわきまえた“堅実な仕事ぶり”がうかがえます。ファンも引き続き応援できる熱愛といえます。報道されたのは想定外かもしれませんが、櫻井さんもある程度公になっても構わないという覚悟の上の旅行でしょう。櫻井さんの本気度は確かで、結婚を見据えた関係とは思います。年内は嵐の活動に専念し、入籍は年明け以降では」

 25日には38歳の誕生日を迎える櫻井。一部では24日に都内のホテルで両家顔合わせ、結納の噂も出ているが……。

「嵐の活動休止後すぐ入籍しても異論を唱える人はいないでしょう」(前出の川内氏)

 ファンからも温かく見守られ、櫻井は良きパートナーを選んだのかもしれない。