男性1位は「ウッチャンナンチャン」の内村光良(55)で4連覇、2位は昨年圏外から急上昇した「メイプル超合金」カズレーザー(35)――明治安田生命が、27日発表した毎年恒例「理想の上司」ランキングの話だ。今春の新社会人を対象に実施した。

 まあ、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)などの高視聴率番組で中堅、若手芸人をにこやかに束ねる人気MCの内村が1位なのは、納得か。が、カズレーザーについては「あの金髪に赤い衣装の?」と驚いているようでは、理想の上司になれそうもない。

 そもそも、理想とする「男性上司」を選んだ理由の全体の1位は「親しみやすい」で、以下「知性的・スマート」「頼もしい」と続く。今春の新社会人はカズレーザーをそう見ているのだ。

 カズレーザーは関西私大の最難関・同志社大卒の“インテリ芸人”で、クイズ番組の常連。

「今の20代社員にとって“親しみやすい”上司とは、自分がミスをしても『バカヤロー!』と声を荒らげそうもない、適度な距離感を持って接してくれるタイプを指します。そして冷静に淡々と具体的にリカバリーの方法を教えてくれる。そういう知識も経験もある上司を“頼もしい”と思うわけです」(大手メーカー人事担当者)

 1位の内村にも通じるが、確かにクールなインテリ芸人のカズレーザーにも、いきなり声を荒らげそうなイメージはない。ミスをしても理路整然と指摘しそうだ。

「パワハラやモラハラなどのハラスメントを起こすリスクが低いので、この手のタイプは、企業にとっても“理想の上司”でしょう。もちろん、知識と経験に裏打ちされた指導力は必須ですが、感情的に『おまえ、何やってんだ!』と怒鳴りつける上司では困る。若い社員もそれは承知しているので、怒鳴られても『マネジメント能力が低い』としか思わない。打たれ弱くて心が折れるというより、『感情論は時間の無駄』とやる気を失いがちです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

 ちなみにカズレーザーは自身が「バイセクシャル」であることを公言しており、「LGBT」にも通じている。

「差別的なタイプは企業にとっても“厄介者”です。フラットに物事を見られる管理職が求められています。あくまでイメージですが、カズレーザーさんは求められる条件を、かなり持ち合わせているでしょう」(岩波拓哉氏)

 真っ赤な衣装も、個性を認める懐の深さの表れと言えなくもない。2位に選ばれても不思議じゃない、むしろ当然ということか。