女優・石原さとみ(33)が4月期のドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)で主演する。石原が演じるのは、総合病院で働くキャリア8年目の薬剤師役。今回で石原のドラマ主演は11回目。これは、同世代の女優の中でも多い。

 石原といえば、これまでナースや英会話講師、出版社の校閲部員や法医解剖医など、いわゆる働く女性にスポットを当てたドラマでの主演が多く、そのための役作りに徹底的にこだわることでも知られている。今回のドラマでも、薬剤師に直接取材し、衣装のデザイン立案にも参加しているという。人気ももちろんだが、そういった人並外れた役作りに向ける姿勢も評価され、主演に引っ張りだこということだ。

「TBS系で法医解剖医を演じた18年の『アンナチュラル』が大当たりしました。期待が高まる中で同年に日テレ系で主演した『高嶺の花』、昨年主演したTBS系の『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』はいずれも平均視聴率が10パーセントに届きませんでした。その結果、『アンナチュラルが石原さとみの限界だった?』と書くネット記事も出たほどです。とはいえ、これまでの失敗作には類似点がいくつかあります。そこさえクリアできれば、次回作で起死回生も期待できます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■過去の失敗作の類似点

 では、その失敗につながった類似点とは何だろうか。

「石原さんが『高嶺の花』で華道界の令嬢、『Heaven?』ではフレンチレストランのオーナーを演じました。どちらも気が強く、男も引っ掻き回す個性の強いキャラ。これらは16年に日テレ系で主演して好評を博したドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』のキャラともかなり類似しており、この3つはいわゆるキャラ被り。視聴者からの指摘も相次ぎ、石原の似たような演技も飽きられてしまったことが要因でした」(民放ドラマ制作スタッフ)

 石原の作り込みすぎた役作りが裏目に出たということなのか。次回作「アンサング」では、大病院で働く薬剤師のハードな日常がリアルに描かれており、少なくとも過去の2作品とは違った役作りになりそうだ。

 ほかにも、気になる類似点がある。

「過去の2作品放送時は、彼女の恋愛事情も大きく影響しました。石原さんは恋多き女優としても知られていますが、役作り同様、恋愛にものめり込むタイプです。私生活でのゴタゴタがドラマによくない影響を与えていた感は否めません」(前出・弘世一紀氏)

 かつての恋人である山下智久(34)とは、15年に主演したドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」(フジテレビ系)での共演がきっかけで交際が始まり、一時は結婚間近とまでいわれていた。しかし、17年秋に破局。私生活に落ち着きを取り戻した状態で収録が始まったのが「アンナチュラル」で、石原の代表作とまでいわれるほどの評価を得た。

 ところが、18年5月にSHOWROOM株式会社の前田裕二社長(32)との熱愛が発覚すると、同年7月に放送から始まった「高嶺の花」は大惨敗してしまう。

「視聴率低迷の一番の原因は、“結局はお金持ちを選んだ石原にファンが失望し離れてしまったこと”などと一部メディアに書かれました。石原はこの結果にかなりショックを受けました。彼女は次作の『Heaven?』をなんとか成功させ、前田氏との交際を批判するファンにも納得してもらってから前田氏と結婚というゴールを描いていました」(関係者)

 しかし、前田氏とは「Heaven?」収録とほぼ同時期に破局。その破局が報じられた同日に放送が始まったが、ドラマ放送期間中にも、〈破局の原因は山下に未練がある石原を前田氏が許せなかったこと〉〈石原、山Pと復縁か?〉といった報道があり、プライベートばかりが注目されるといった不運も重なった。とはいえ、人気女優にこういった報道はつきものともいえる。

「石原の所属事務所のホリプロといえば、綾瀬はるか(34)を筆頭に深田恭子(37)、高畑充希(28)の四天王が主演クラスでしのぎを削っています。4人とも独身なので、プライベートも常に注目されています。そんな中、綾瀬も深田も高畑も主演すれば確実に視聴率が取れています。そういうことも石原にはプレッシャーになっているのでしょう」(前出・弘世一紀氏)

 先月、高畑は俳優・坂口健太郎(28)との同棲が報じられ、四天王の中で最も早くゴールインするのではないかといわれている。深田も現在、交際中の不動産会社社長の杉本宏氏(42)との交際は順調で、先週、2人の共通の友人である前澤友作氏(44)宅を訪れていたことが報じられたばかり。

 そして、綾瀬も昨年末に俳優・松坂桃李(31)との復縁が報じられ、結婚も取り沙汰された。4人の中でも人一倍結婚願望が強いといわれる石原だけに、この状況を意識しないはずはあるまい。とはいえ、幸か不幸か、現在、石原に浮いた話はない。「アンナチュラル」の時と同様にドラマに全力を注ぐことができる状況にある。

 今回は起死回生のドラマとなるかもしれない。