【太神楽 鏡味仙三郎 大いに語る】#1

 傘の上で毬を回すなどの曲芸を太神楽という。その歴史は古く、平安時代には神事芸能として演じられていた。近年では寄席の色物として定着している。その伝統を守る太神楽曲芸協会会長の鏡味仙三郎が、昨年暮れに「太神楽」という本を刊行した。そこで今回は太神楽について、また仙三郎の芸人人生などを語ってもらった。

「現在、協会員は26人ですが、地方で活動している方もいて、江戸太神楽の演者に限ると17人です」

 そのうちのほとんどが都内の寄席に出ている。

「太神楽の原点は神事芸能の中の祝福芸で、寄席では曲芸ばかりですが、本来は獅子舞、曲芸、茶番が3本柱です。獅子舞は正月の風物詩ですから、皆さんご存じでしょう。茶番というのは寸劇で、歌舞伎狂言のパロディーコントみたいなもの。太神楽師は全てできなくてはいけません」

 祝福芸という言葉は私も初めて聞いた。昭和の時代に売れっ子だった海老一染之助・染太郎が曲芸をやりながら、「おめでとうございます」を連呼していたが、祝福芸だから当たり前のことだったのだ。

「海老一のご両人がテレビで太神楽を広めた功労者です。曲芸は、芸をする太夫と口上を述べる後見に分かれます。海老一はその役割がはっきりしてました。芸をする方が『肉体労働』、口上方が『頭脳労働』で、『もらう物(出演料)はおんなじ』と笑わせてました」

 仙三郎の場合、相棒の仙之助が2001年に亡くなったため、現在は仙三郎社中として、2人の弟子と共に寄席に出演している。

「仙之助さんとはどちらが太夫で後見ということでなく、2人して芸を見せてましたが、弟子と一緒だと勝手が違う。先に弟子たちがやって、最後にあたしが、『お待たせしました。私が寄席の吉右衛門です』と自己紹介してから芸をやります。中村吉右衛門さんの名前を勝手にキャッチフレーズにしました(笑い)。そして、最後に3人でやります」

 太神楽の修業は落語家より大変だと推察するが。

「そうですね。でも、稽古に励んでうまくなれば、それが報われる芸なんです。落語家はいくらうまくなっても仕事が増えるとは限りません。我々よりも難しいと思いますよ」

 そう謙遜するが、太神楽も習得するのが難しい芸だと思う。 (つづく)

(聞き手・吉川潮)

▽鏡味仙三郎(かがみ・せんざぶろう)1946年、岩手県盛岡市出身。55年に12代目家元・鏡味小仙に入門。前座名「盛之助」。57年、池袋演芸場で初舞台。73年に故・鏡味仙之助とコンビ結成。2002年、鏡味仙三郎社中を結成。趣味はゴルフとオートレース。近著に「太神楽 寄席とともに歩む日本の芸能の原点」(原書房)がある。