10日(日本時間)に米ロサンゼルスで開催された「第92回アカデミー賞授賞式」。作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が話題になっているが、この日、日本国内で注目の的となったのは、女優の松たか子(42)だろう。

 現在も上映中のディズニー映画「アナと雪の女王2」吹き替え版で主人公・エルサの声を担当している松。アカデミー賞授賞式では、主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を本家エルサのイディナ・メンゼルと、そして世界9カ国のエルサ役の女優と共に熱唱した。授賞式での日本人の歌唱は初めて。この快挙には〈同じ日本人として誇らしい〉などと、ネット上も大興奮だ。

「松さんが、レッドカーペットを着物姿で歩いたことにも注目が集まっています。着用したのは、総絞りで相当高価なものではないかと推測されている。“梨園の娘”だけあって、さすがに立ち居振る舞いも美しかった。有名人の着物姿に厳しいジャッジを下すことで有名なネット上の“着物警察”たちも、今回ばかりは文句のつけようがなかったようです」(映画業界関係者)

 松の着物には、「高麗屋」の家紋である「四花菱」があしらわれていたことから、〈高麗屋!〉と、歌舞伎の掛け声を真似たコメントもみられる。

 芸能ライターのエリザベス松本氏が言う。

「歌唱時にはキラキラときらめく淡いカラーのロングドレスを着用した松さん。各国のエルサがワンフレーズずつ歌うリレー形式で、松さんは2コーラス目の最初のパートを歌唱。『どうして、呼び続けてるの』と日本語で歌いました。『アナ雪』前作の主題歌『Let It Go』をテレビで聞くことはできませんでしたから、『ついに!』という思いが多くの日本人にあったでしょうし、海外での評価も高い」

 確かに「Let It Go」は社会現象と言えるほどの大ヒット曲となったものの、当時テレビで歌ったのはもっぱらMay J.(31)で、松がテレビで歌うことはなかった。

「そのせいか、当時はネット上に〈映画の歌声は機械で調整していて、ホントは下手なんじゃ?〉〈実際は歌えないのかも〉など、松の歌唱力を疑う声もあふれました。ですが、彼女の歌の上手さは音楽関係者なら誰もが知るところ。ピッチがいいし、声量も大したもの。何より表現力が豊かで、人々の心に刺さります」(音楽業界関係者)

 前出の松本氏も昨年2月に上演された舞台「世界は一人」で松の歌声に酔いしれたと話す。

「もちろん抜群にうまいんですが、それだけではないんです。何と言うか……“浄化作用”みたいなものがある声と言えばいいでしょうか。劇場内に響き渡る松さんの声を聞いて、脳が癒やされる感じがありました」

 アカデミー賞での松のソロパートがあまりにも短かったせいで、〈もっと聞きたかった〉という意見が圧倒的に多い。これだけ盛り上がったら、今後は日本のテレビで松の「アナ雪」生歌が聴けるかもしれない。