新型コロナウイルスで終わりの見えない自粛ムードが蔓延する中、唯一活気づいているのがワイドショーだ。新型コロナを扱えば、視聴率がアップ。ワイドショーはコロナ一色になった。「煽り過ぎ」と非難する声もあるが、最大の関心事であるのは間違いない。

 中でも影響力が大きいのは3年連続同時間帯トップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)。先日、報道内容を巡り、厚労省が番組を名指しで批判したのは記憶に新しい。

 注目は月〜金でコメンテーターを務めるテレ朝社員の玉川徹。今回に限ったわけではなく、彼の発言は常にネットをざわつかせ、炎上必至。ネット民にも国にも目をつけられている。そんな“嫌われ玉川”とはそもそもどんな人なのか。

「彼はれっきとしたテレビ朝日の社員でありながら、番組で問題発言を連発、コメンテーターの誰よりも空気の読めない存在です。もっとも、ご本人は以前、羽鳥とともに『徹子の部屋』に出演した際、番組スタート時、羽鳥に『僕は悪役やるから悪役とヒーローでやりましょう』と話したと語っていました。どうやら空気を読めないのではなく、番組をもり立てるためにあえて読まないようにしているようです。彼がメインのコーナー『そもそも総研』で原発やネトウヨなどに切り込むブレないスタンスを支持する人もいます」(テレビウオッチャー)

 コロナ特需で玉川の人気がアップ!? ということかも。