昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う数々の名曲を生み出した作曲家・古関裕而とその妻の波瀾万丈の生涯を描いたNHK朝ドラ「エール」が3月30日からスタートする。主人公の古山裕一を窪田正孝(31)、その妻の関内音を二階堂ふみ(25)が演じる。

 昨年6月の制作発表の直後には「二階堂は朝が似合う女優じゃない」といった声も一部で上がった。たしかに、これまでの二階堂は陰のある役柄が多かったが、もしかしたらそんなイメージが変わるかもしれない。

 凝り性の二階堂は、関内音が生まれ育った大正から昭和初期の時代考証の資料をじっくりと読み込み、古関裕而の長男にも実際に会って役柄のイメージを膨らませている。古関の長男が、二階堂に進言したのは「口数が少なくておとなしい父と激しい性格の母」だったそうだ。二階堂はこの長男から得た「音」の人間像を頭に叩き込み、「こういう場合、彼女だったらこんなリアクションをするだろう」とイメージしながら演技の深みを楽しんでいるという。

「音役が二階堂に決まって案外難航したのが、3姉妹(姉と妹)の配役でした。二階堂さんが存在感のある女優ですから、それに負けない自己主張ができる女優が求められました。結局、姉で長女は元SKE48の松井玲奈さん、妹で三女は映画『ラストレター』に出演し、現在売り出し中の森七菜さんが選ばれました。3人とも芝居のクオリティーが高くてディレクターも驚いていました」(ドラマ関係者)

 ドラマの収録は昨年9月の福島ロケからスタート。これと同時にNHKから二階堂側に対し、「私生活は、できるだけ慎んでいただけたら……」とお願いが出されたという。

■目撃されるのは犬と散歩する姿だけ

 もっとも、二階堂は3年前に元メンズノンノのモデルで映像作家の男性と原宿でデート現場を撮られたのを最後に男性の影が消えた。“肉食系”のイメージが薄れつつある。二階堂を定期的に観察している女性誌のカメラマンにも聞いてみた。

「彼女を目撃できるのは2匹の犬(保護犬のジャックラッセルテリアと柴犬)の散歩の時くらいですね。ジャックラッセルテリアの方が老犬で、散歩といってもほとんど二階堂の腕の中の状態。1回の散歩には1時間程度時間をかけることもあります。たしかに、しばらく前から男性の気配を感じません」

 すっかり“朝の顔”にイメチェンしつつあるようだ。ただ、芸能マスコミが密かにマークしているのが、「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎(34)との関係だ。野田は「エール」の東京編から作曲家役で出演し、ドラマの中でギター弾き語りのシーンが定期的に入る予定だ。

 野田は過去に長澤まさみ(32)や吉高由里子(31)らとの熱愛を報じられたモテ男。ドラマの後半でにわかに増える二階堂との共演で“アクシデント”が起こらないとも限らない。野田と二階堂は慶応大学の先輩後輩という間柄でもある。

 このドラマのモデルとなった古関裕而の長男は、スタジオで二階堂の演技を見学して「本物の母が蘇ったようだ。目頭が熱くなった」とスタッフに漏らしたという。果たして主婦たちの二階堂に対する評価はどのように変わるのだろうか。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)