第1子の出産が17日に分かったタレントで女優のベッキー(36)。性別や出産日は非公表、母子ともに健康というから何よりだが、これで、いよいよベッキーも“人気ママタレ”の仲間入りとなれるのだろうか。

「“ゲス不倫”は4年前の話とはいえ、いまだに彼女のアンチは多い。出産のニュースに付いたコメントでさえ、〈育児に専念して、もう芸能界には出てこないでね〉なんて意地の悪いコメントが目立ちます。この流れだと、子育ての様子や悩みなどを発信するママタレとして生き抜くのは難しいかもしれません」(CM制作会社関係者)

 一方で、19日には「今後は絵本作家デビューを果たし、第2のキンコン西野になる」なんて報道も。確かにベッキーは、2017年から絵を描き始め、自身のインスタグラムでも何点か公開している。昨年12月から今年2月には都内で個展も開催。絵の売れ行きもそこそこ良かったようだ。

 当の本人は、インスタに〈絵を描くのが楽しいです〉〈正直、どの絵も手放したくないなーって思っちゃうけど、きっと私より大切にしてくださるかもなーなんて思いながら、送りだしてます〉なんて心境をつづっているが、「絵本作家よりも、今後は女優活動に力を入れた方がいい」。

 そう話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏だ。現在公開中の窪田正孝主演映画「初恋」に出演しているベッキーの突き抜けた演技を見て、そう強く感じたという。

 ベッキーの役柄は、愛する彼氏を殺されて復讐に燃える女。アクションシーンも多く、そのインパクトは相当大きかったようだ。

「かつて『瞳の中にヒマワリがあるの』と乙女っぽく語っていた、彼女の自慢のあの目。『初恋』の中では『ぶっ殺す!』と叫びながら、あり得ないほど大きく見開きギラギラさせ、とても同一人物とは思えないほどでした。演技が上手かどうかは正直まだ微妙ですが、『どんな役でもやってやる』という意気込みは十分感じられました」(前出の山下氏)

「初恋」でのベッキーが印象に残ったのは山下氏だけではないようで、映画のレビューを見ると、怪演を褒める声が多数投稿されている。

 となると絵本作家より女優、しかもひと癖ある役を得意とする個性派女優を目指した方がよさそうだが、前出の山下氏は「ひとつ心配事があるとすれば、お子さんが生まれたことで守りに入ってしまわないか、ということです」と話す。

 多くの役者は「見た人の印象に残る役を演じたい」と望み、そんな役を手に入れたいと切望している。醜聞を乗り越えたベッキーは「初恋」でそんな役と巡り合った。今のこのいい波から外れることなく、守りに入ることなく、このまま個性派女優の道を突き進んでほしいものだ。