女優の米倉涼子(44)が24日、所属する「オスカープロモーション」を今月31日で退社し、独立することをマスコミ各社にあてたファクスで発表して大騒ぎだ。

 米倉は退社を発表したうえで、今後について「新しい活動については、近日中にご報告をさせていただきます」とコメント。また、同社の古賀誠一社長は「専属所属契約満了につき、円満に弊社を退社することとなりました」と退社理由を説明したが、事務所の屋台骨だったビッグネームの独立だけに、コトはそう単純ではない。

「米倉は『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズが大ヒット。オスカーの看板を背負っていた人気女優だけに、突然の退社発表に業界内には衝撃が走った。とはいえ、今後も同シリーズを存続すれば個人事務所になる米倉は困りませんが事務所の実入りは激減します」(テレビ局関係者)

 オスカーといえば、ここにきて女優の忽那汐里(27)、モデルのヨンア(34)がすでに退社し、今月末でタレントで女優の岡田結実(19)までもが相次いで退社。それに加え、米倉が退社と屋台骨がぐらぐらと揺らいでいる。一体、なにが起こっているのか。

「タレントの退社の連鎖の原因は事務所社長の親族にあたる最高幹部の言動が原因といわれている。このままではEXILEのHIROの妻・上戸彩、TAKAHIROの妻・武井咲の移籍の可能性までもささやかれており、美少女軍団は崩壊の危機です」(芸能関係者)

 国民的美少女コンテストを主催するモデルプロが存続の危機を迎えている。