「母親が鶴のように大きな羽を広げ、守ろうとしている絵柄が浮かびました」とは、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏。鶴が守ろうとしているのは、いとしいわが子。妊娠中だった妻の杏(33)を裏切り若手女優との不倫に走り、三くだり半を突き付けられている東出昌大(32)のことである。

 不倫&別居を報じられて2カ月、東出は芸能リポーターの囲み取材に応じたものの、ノーコメントや意味が不明な発言が目立ち、さらなる窮地に立たされている。そんな東出の支えになっているのが実母の存在だという。東出は大のマザコンで、会見した会場も母親同伴だったというのだ。

「女性自身」によると、会見後、会場裏口から出てきた東出は母親の運転する車へ。そして母子そろって埼玉の実家に帰っていった。杏から家を追い出され、マンスリーマンションで仮住まいしていたが、9年前に夫つまり東出の父親を亡くし、一人暮らしの母親のもとへ身を寄せ復縁の相談をしたりしているという。

「このお母さんがご近所でも評判の方で、愛する息子のためならたとえ火の中水の中の猛母なんです。東出さんの少年時代、近くの生コン製造工場から大型トラックが狭い通学路を走って問題になったことがあったそうで、お母さんは反対運動の中心となって声を上げ、結果的に工場は移転という逸話が語り継がれています。東出さんも東出さんで、売れてからも忙しい時間を縫っては実家に帰っていたそうですから、母と子の絆、結びつきは相当なのでしょう」(ワイドショーデスク)

 そんな息子愛の強いタイプだからか、杏と結婚し双子が生まれてからも、子育てを手伝い、嫁しゅうとめ関係も良好に保っていたという。ところが、今回の不倫騒動にまで、お母さんが出てきた。

「揚げ句に『未熟な息子を許してやってほしい』とまで嘆願されたりして、杏さんは戸惑いを隠せないでいるそうです」(前出のワイドショーデスク)

 しゅうとめの一念は杏に届くのか――。