木村拓哉(47)と工藤静香(49)の長女Cocomi(18)が3月28日発売のファッション誌「VOGUE JAPAN」5月号の表紙を飾り、ファッションモデルとしてデビューを果たす。同時に、世界的ブランドであるディオールのジャパンアンバサダーにも就任することが決まった。

 この発表に、ネットの反応は予想通りだった。

〈親の七光〉〈モデルは厳しい〉といった言葉のほか、〈母親の洗脳が酷い〉〈静香は娘をどうしたいんだ?〉〈姉妹の売り方を間違っている〉と、静香に向けられる批判が目立った。当然と言えば当然だろう。

 次女のKoki,(17)は18年にファッション誌「ELLE JAPON」の表紙でモデルデビューを果たし、同時にブルガリのアンバサダーも務めている。この半年後には、「エル シネマアワード2018」で「これからの活躍が期待される女性」に贈られる「エル ガール ライジングスター賞」を受賞。映画どころかドラマすら出演経験のないKoki,の受賞はバッシングを超えて失笑のレベルで、「Koki,が可哀想」と言う声も上がった。その後、Koki,は「期待される」通りの活躍をしているかといえば、ほぼ失速状態だ。

 一方のCocomiは、これまでメディアに出ることはなく、11歳からフルート一筋の生活を送り、4年前あたりから音楽賞を受賞するようになった。妹とは違う道を歩むものだと誰もが思っていたのに、ここまでデビューの仕方が妹と酷似すると、世間から拒否反応が出るのも致し方あるまい。

■なぜこのタイミング?

 それにしても不可解なのは静香の戦略だろう。過去Koki,の報道に対するネットの反応で、Cocomiへの批判も十分予想できただろうに、なぜ、このタイミングでデビューなのかも気になる。

「長女が高校を卒業する機にということで、新型コロナ騒動が始まるずっと前に決まっていたのかもしれませんが、戦略が当たったかどうかは微妙ですね。確かに『VOGUE』のモデルや『ディオール』のアンバサダーは女性の憧れかもしれませんが、世相を読み間違えた感があります。女子高生の間でハイブランド商品のレンタルが流行っていますが、バブル期でもない今、日本でハイブランドの商品を買えるのは本当に自由にお金を使えるハイソな人たちです。そういう人たちは大人になりきれず背伸びしている、いわゆる“小娘”がブランドイメージを背負うのを嫌う傾向にあります。幅広く支持されることを考えたら、ユニクロや無印良品などのファストファッションの方が姉妹の等身大のイメージだったんじゃないでしょうか。ただ、静香さんなりの秘策があるのかもしれません。それにしてもタイミングは最悪だったと思います」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

 報道によると、Cocomiは4月から大学に進学するという。フルートを極めるために学業優先、今回の仕事以外は当分芸能活動を控えるそうだ。その一方で、すでに本名の「木村心美」でプロの音楽家としてオーケストラメンバーの活動をしていることも報じられた。ただ、静香は週刊誌に追われることを危惧し、本名で活動することには反対していたといわれている。

「本名であろうがあるまいが、芸能人になってしまえば芸能マスコミはすぐに動向を嗅ぎつけます。ただ、本当に今後、学業に専念するつもりなのであれば、デビューは大学を卒業してからでも遅くなかったと思います」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 そこに輪をかけて不可解なのが、キムタクの行動だ。

 キムタクは発表当日、中国版SNS・Weibo(微博)を更新。CocomiとKoki,のツーショット写真を公開し「go FLY!! my ANGELS!!」(羽ばたけ!! 俺の天使たち!!)とコメントした。

 キムタクがツイッターやインスタグラムを使わずにWeiboを使って情報を発信していることに関しては、かねてから家族へのバッシングがダイレクトにキムタクに届くのを避けるためといわれている。

「二人の娘のプロデューサー的な立場にある静香と違い、キムタクが家族について語ったことはこれまでありませんでした。キムタクはファン心理をよくわかっているし、このタイミングが良いはずがないことも理解している。でも、それはあくまで日本のファン心理の話で、中国圏のファンの反応は異なるのでしょう。そう考えると、やはり静香の戦略で、キムタクはいわれるままに更新したのでは。彼女の言いなりなのは今も昔も変わりませんから」(前出・弘世一紀氏)

■静香はバブルを利用しているのか、引きずっているのか

 ちなみに、Koki,は昨年5月、自身のインスタグラムで中国の人気アイドルとドライブする動画を公開した。この動画はKoki,が掲載された中国版の女性向けファッション誌が仕掛けたもので、中国人ファンたちからは大絶賛された。今回、Cocomiのデビューも中国や台湾で大きく報じられ、ネットからも概ね好感を持って迎えられている。そこに絶大な人気を誇るキムタクからのダイレクトメッセージとなれば、その影響力は計り知れない。中国市場にシフトする可能性は十分あり得る。

「妹の『ブルガリ』『シャネル』に続き、姉は『ディオール』。静香さんはいまだに80年代のバブルを引きずっているようにも映ります。ただ、ハイブランドのモデルはどこでも花形で、中国圏ではそれだけで称賛されます。もしかしたら日本はすでに眼中になく、いずれは姉妹揃ってアジアから欧米へ進出させるという、自分たちが果たせなかった夢を娘たちに託しているのかもしれませんね」(前出・佐々木博之氏)

 気がつけば、中国のテレビでキムタクファミリーが総出で出演している日が来るかもしれない。