「戻ってきちゃった」

 こんなふうに思いながら番組を見た人も多かったはず。「報道ステーション」(テレビ朝日系)のMC徳永有美(44)のことだ。MC富川悠太が新型コロナウイルスに感染して共演の徳永が出演を見合わせていたが、27日に番組に復帰した。ピンチヒッターだった小木逸平と森葉子のコンビが好評で、そのまんまを望む声が多かったからこその反応だ。

 復帰した徳永、やっぱりペケだ。番組が元に戻って暗くなった。27日の登場の際には「今後の感染拡大を防ぐためにも私たちが知り得たこと、経験して学んだことについては改めて整理をして伝えていきたい」と語ったが、一番の関心は何が起きたのか。それを真っ先に伝えるべきだ。夫の内村光良、2人の子供のこと、陽性になるかもしれない不安、なった時の対応をどう考えたかなど視聴者が知りたいことはたくさんある。それこそがニュース。

 同番組のスタッフも感染、妻の赤江珠緒も感染、入院したが、赤江は家庭の事情、悩みを正直に打ち明けた。

 徳永が眉間にしわを寄せて取り繕った建前の言葉だけで語ったのとは大違い。

 しかも、27日はアメリカの話になり、突然、アメリカをトランプに委ねていいのかうんぬんと発言した。いきなり上から目線との二枚舌。これがメディア人の本性と気が付いた人もいただろう。

 徳永は医療従事者やお世話になった人への気持ちをどう伝えたのか。宮根誠司は大阪府に寄付をし、坂上忍はギャラを全額寄付してタダ働きするという。迷惑をかけたと思うなら何らかのアクションを起こすことだってできる。

 内村とのダブルインカムは庶民とかけ離れた生活のレベル。生活に困らないメディア人が庶民に寄り添う的なミエミエの発言を続けたら、いずれソッポを向かれる。29日に小木が出演してホッとした。