4月23日発売の「女性セブン」にすっぱ抜かれて熱愛が明らかになった、NHKの桑子真帆アナウンサー(32)と俳優の小澤征悦(45)。1泊した小澤の自宅から出てきて、並んで歩くツーショット写真が同誌に掲載されたのだが、この写真がさまざまな波紋を呼ぶことになってしまった。

「写真を撮られたのが4月中旬で、緊急事態宣言が出された後のこと。ところが、写真の桑子アナはマスクをつけていない。〈朝の報道番組でコロナ関連のニュースを伝えるキャスターとして、この行動はどうなのか〉などと、ネット上は大荒れ状態になりました」(週刊誌ライター)

 物議を醸したのは“ノーマスク”の件だけじゃないようだ。

 神奈川県に住む20代のOLは「交際して半年の彼がいるのですが、緊急事態宣言が出てから会うのを控えています。もちろん今すぐにでも会いたいけど、もしものことを考えると……桑子さんが普通にデートしているのを見て、デート自粛をしていた私たちは真面目すぎたのかと、馬鹿らしくなりました」とため息交じり。

 どうやら2人の熱愛報道は、デート自粛中のカップルから反感を買ってしまったようである。

 さらに〈小澤征悦って人が、なぜこんなにもモテるのか分からない〉〈そんなに魅力的か?〉なんて少々失礼なコメントまで書き込まれる始末。女優の杏、キャスターの滝川クリステル、そして桑子アナ……誰もがうらやむような有名美女たちと浮名を流してきた小澤へのやっかみもあるのだろうが、そんなコメントが少なくないのは事実だ。

■ざっくばらんな一面も大きな魅力

「いやいや、どう考えたって、モテるに決まってますよね」と笑うのは、恋愛問題に詳しいライターの日々晴雨氏。小澤の魅力はどのあたりにあるのだろうか。

「お父様は世界的指揮者の小澤征爾さんで、従兄はミュージシャンの小沢健二さん。セレブ一族というだけで、まず憧れの要素は大でしょう。ご本人は海外生活経験もあり、英語も堪能、ハリウッド映画にも出演。レディーファーストも身についているでしょうから、女性に対しての振る舞いもスマートなはず」(前出の日々氏)

 小学校から大学まで成城学園という正真正銘のお坊ちゃまで、身長183センチ。中には〈顔が濃すぎる〉なんて失礼なコメントもあるようだが、日々氏は「そこは意見が分かれるかもしれませんが、実際のご本人に会ったら、そんなの吹き飛んでしまうのでは」と前置きして、こう続ける。

「小澤さんは〈好きになったら、向こうからグイグイ来てくれるんじゃないか〉と思わせる肉食っぽさを漂わせている。そこも魅力的なんですね。〈グイッと来てくれる男性が好き〉〈好きって告白はやっぱり男性からしてほしい〉と話す女性は多いですから」

 由緒正しき家柄ながらも、バラエティー番組などではざっくばらんな一面を見せるところも、女性にとってはたまらないギャップになるそうだ。これだけのモテ要素がある小澤、確かにモテないわけはない。改めて納得だが、そろそろアラフィフだ。結婚の2文字がチラついてもおかしくない。

「小澤さんは追うのはいいけど、女性から追われるのは苦手なタイプと聞いたことがあります。桑子アナは、ほんわかした見た目と違って、男勝りのサバサバした性格。ウマが合うのかもしれませんが、炎上したのは痛いですね。お父様も立派すぎますし…」(芸能プロ関係者)

 ホンモノの“独身貴族”ゆえに、いろいろと障害も多そうだ。