覚醒剤取締法違反(所持)罪などで2月13日に警視庁に逮捕された歌手の槇原敬之被告(50)。3月4日に起訴され、保釈金500万円を納付し、保釈されてからは東京・渋谷区にある豪邸で“猛省の自粛生活”を送っているようだ。

「以前は時々、ワンちゃんを連れてお散歩していましたが、最近はめっきり姿を見かけません。新型コロナを心配してらっしゃるのでしょうかね」(近所の女性)

 その新型コロナは初公判の日程にも影響している。通常、初公判は起訴後、2カ月以内に行われるものだが、6月以降に延期されるらしい。傍聴券を求めて並ぶ人たちのクラスター感染に東京地裁が懸念を示したのかもしれない。

 いずれにせよ、GWが終われば初公判が始まる。槇原被告の起訴内容は2年前の4月に危険ドラッグと覚醒剤0.083グラムを所持したというもの。しかし、槇原被告は使用に関しては否定している。当時の自宅から押収されたパイプに本人の唾液や微量の覚醒剤が付着していたことが判明しているにもかかわらずだ。

 そこで注目されているのが、公私にわたり槇原被告のパートナーだったAさん(男性)の動向だ。1999年に揃って覚醒剤所持の疑いで逮捕された後も、槇原被告の個人事務所の社長を務め、同居していた。

 A氏も2年前に薬物事件で2度目の逮捕をされたが、槇原被告の初公判で重要証人として何らかの証言をする可能性があるという。本紙(日刊ゲンダイ)はキーマンのA氏を直撃した。

「今回の槇原さんの事件について、改めて刑事さや検事さんから事件当時の話をいろいろ聞かれました。まだ検察側から証人になって欲しいと要請はいただいていませんが、正式に要請をいただいたら法廷で可能な限り、ご協力はしたいと考えています。お話しするとしたら、主に槇原被告さんと同居していた頃のことになるかと思います」

 どんな証言が飛び出すのか……元パートナーの意外ともいえる動きに槇原被告も戸惑いを隠せなさそうだ。