新型コロナウイルス感染拡大の影響でスタジオ撮影が困難となり、4月期の連続ドラマが次々と放送延期に追い込まれている。そんな中、全ロケが終了し最終回までゴール確実といわれているのが、テレビ東京系の「行列の女神〜らーめん才遊記〜」(月曜22時)。視聴率は初回から5%台と横ばいだが、準主演で新入社員のフードコンサルティング・汐見ゆとりを演じている黒島結菜(23)が注目を集めている。異常にポジティブで周囲の空気を読まない“ゆとりキャラ”を全開にする黒島のはじけっぷりに癒やされる“コロナ疲れ”の人もいるという。

 芸能評論家の佐々木博之氏がこう言う。

「昨年、黒島さんはNHK大河ドラマ『いだてん』と朝ドラ『スカーレット』に出演した注目株。コロナによって出演の機会を奪われることなく、切れ目なく連ドラの準主演を演じることができたのは非常にラッキーだったと思います。ただ、女優としての実力は未知数。元気でかわいい役柄だけでなく、シリアスだったり、色っぽい演技も見てみたいですね」

“元気ではじけた子”のイメージが多いのは所属事務所の戦略もあるようだ。黒島は「京浜急行」「サントリー」など大手企業とCM契約している。本来は読書とカメラに登山を好む“清楚系山ガール”だという。ところが、いざ収録となると人が変わるそうだ。

「ロケの日は、それこそ朝から晩まで続けてラーメン店を“ハシゴ”することもありました。普通、黒島さんクラスの女優になると撮影中だけ箸をつけて完食することはあまりないのですが、彼女は常にニコニコしながらペロリと完食。1日に6杯食べた日もあって驚きました。とにかく食べっぷりがいいのです」(あるスタッフ)

■水道橋、浅草、八丁堀…

 ドラマの内容だけでなく、ロケで使われている店が気になるラーメンファンもいそうだ。連日大行列ができる人気店「らあめん清流房」は、東京・水道橋の「勝本」がモデル。日刊ゲンダイ記者もプライベートで食べたことがあるが、あっさりした醤油ベースで深みのある味わいだった。

 4日放送の第3話で登場した「つけ麺あんざい」のロケ地は浅草の「らーめん渡邉」。特製鶏白湯スープが楽しめる店だが、劇中に出てくるつけめんはラーメンコーディネーターが創作したものだという。11日(第4話)に登場する「とび屋」は、あご出汁ラーメンを看板メニューにしている八丁堀の「与力屋」。夜は居酒屋に形態を変える二毛作の店だ。

 モデル店になった店を検索して自粛明けに食べに行くと決めたら、ドラマが2倍楽しめるかもしれない。