朝から晩まで放送されるコロナ報道はまるで金太郎飴――。

 そんな中で最大激戦区は民放の「看板枠」の報道番組。テレビ朝日系「報道ステーション」、日本テレビ系「news zero」、TBS系「NEWS23」の5日をチェックした。

 富川悠太がコロナ陽性で入院(退院して自宅待機中)、出演を見合わせていた共演の徳永有美が復帰した「報ステ」は相変わらず重苦しい。冒頭で「全国の感染者数が120人と4月以降でもっとも少ない人数となりました」と暗く沈んだ面持ち。油断できないとはいえ、明るい兆しすら歓迎できないといったふう。

 直後に小池都知事が映し出されたが、都知事は感染者が増えると目元が緩み、減ると表情が曇りがち(そう見えてしまう)。そんな都知事とかぶったら損だ。

 さらに「(事業者の方々が)安心して休業できる環境は整っているのか」「日々の暮らしを守るためにできることは」うんぬん。テレビで何十回も聞かされている目新しくもないフレーズをいまさら大上段から言われても……。

「NEWS23」のMC小川彩佳は徳永と同じ雰囲気ながら、淡々として、コメンテーターの話をよく理解しながらコメントしている。

 5日は休校事情やPCR検査の特集もよかった。あらゆる番組で疑問が出るPCR検査については韓国で独自取材、その比較から日本で検査数が少ない理由が理解できる内容だった。

「news zero」のMC有働由美子は実効再生産数、東京の死者がゼロだったことに触れ、妊婦などテーマを明確にしていた。ワイプの有働は笑顔を見せ、徳永のように深刻ぶらない。好感が持てた。

 こどもの日の報道対決は独断(?)で徳永×、小川&有働〇。

(峯田淳/日刊ゲンダイ)